サンゴの適材適所?の続き書いてみた。

どーもー、あくあ12っすー。(cv:友利奈緒)

今年は、8/8(土)から8/16日(日)まで、お休みにしましたー。
そのせいで、先週ちょっと忙しくて間が空いてしまいました。

もぅサイタマ暑くて、暑くて、外で上着着ていると倒れそう。
やる気がでません。(´・Д・`)


さてそんな中、先週とあるお客のところへ逝ったらエレベーター「故障中」Σ( ̄□ ̄;)!?
仕方なく階段登りましたよ。7Fだったけど。

ぜぇぜぇ・・・・・・マジで膝ガックガクに笑ってた。

ふぇぇ、殺す気かっ! (#`Д´)ノ ぶちギレ爆盛り。

さ~て、休日は「Charlotte」でもみて、なめ茸と焼きもろこしで、ゆっくり&だらしなく過ごすことにします。

うしゃしゃ。
でも・・・続きが気になるな。



アイコン泣き顔おわび

それから、前から気になっていたんですが・・・

Twitterでフォローやメッセージ下さる方、返事が遅くてすいません。<(_ _)>
私、ガラケー派なんで、PCで、極たま~にしかみてないんです。


…で、たまにTwとかFB覗くとえらく日が過ぎてしまってて「ありゃー今更返信とか、かえってアレじゃね?」みたいな感じでして。

もし「スルーしやがって!」と思われた方、マジごめんなさい。
悪意はないのでどーかお許しを<(_ _)>


自社のFBとTWも、「おさすい」同様の放置、ていたらくでございまして。
先日、お客に「リピねーぞ」とかなんとか言われて、同じいい訳したんでございます。(*ノω・*)テヘ



アイコンあせりイラストいただきました。
いただいたイラストs_compressed

今回は、Chat Noir先生の作品です。

(´・ω・`;)・・・・ぬ、布面積が。

アイコンどんびき_cなっ、なにゆえ、下に紐○ンしか装備していないのだ?w



なんでもどなたかからリクエストがあったとか・・・
きっと「サイタマはさぞ暑かろう」、という親切心からのご配慮ですね?
わかります。ヽ( ´∀`)ノ

いつか、「マリン○クアリスト」で採用され、表紙を飾ることを願ってやみません。




アイコン「?」前回の続きでーす。移動説明図_c_compressed

今回は(2)からですね。


事例2)ウスコモンパープル
大まかに言えばこの個体はこんな感じの経緯をたどって来ました。

薄茶色(導入時)→上に移動→グリーンへ→照明を換える(50wから120w)
→パープルに変化→下に下げる→茶色にもどる→元の位置に戻す→パープルに戻る。


パープルウスコモン
1507パープルコモン_c

今回は、ほんの10cmほどの差なんですが、茶色からピンクに復活。
うちにはピンク系が少なく、かなり目立つ貴重な存在なので、慎重かつあまり大きくは移動しません。

画像ではあまりわかりませんがポリプはグリーンです。
水流はあまり色には関係ないようでウスコモンにしては成長も遅く、他のサンゴとの接触なんかにもややデリケートです。


グリーンの頃の同個体(2013年7月)※後ろの緑色のやつ 20130712ウスコモン_compressed


それにしてもウスコモンって光で色が変化しますね。
「あくあの塔」の頂上に置いたウスコモンもベージュだったのが緑になって形状もかなり変化したし。


茶色からグリーンに変化。 「あくあの塔」の頂上に置いたウスコモン(上とは別個体です)
ウスコモンB_c



事例3)ウミバラ(仮)

これは、とあるショップに行ったとき、元気がなく、しかも茶色いので売れ残り、水槽の底で無造作に転がっていたのをタダに近いお値段でもらってきたものです。

店員さんにも種類を聞いたのですが、「よくわからない」とのこと。
骨格があるからLPSなのは間違いないけど、厳密に言うと名称がよくわかりません。
たぶん「ウミバラの一種」なんじゃないかなー?・・・ということで、ウミバラ(仮)とします。

特にウミバラがほしかったわけではないのですが、LPSのテストをかねて入れてみることにしました。

最初は、水槽の底に置いたんですが思い切って上に上げました。
この場所は、「あまり光が強くなくてもいいタイプ」のSPSでも十分にいけますが水流は弱い場所です。


ウミバラ(仮)
1507ウミバラ_c

そしたら、なんか復活しました。
ちょっと心配していたのですがチェルブも特につつく様子はありません。
まぁ、確かに色はあまりきれいではないのですが、復調するとともにキレイにポリプが膨らんでいます。

「現状維持」ではなく「復調傾向」にあるので、この種は現在の栄養塩値でもあまり問題がないように思います。

ただ、残念なのは地味な色合い。
LPSなので、SPSのような色揚がりは期待できないでしょうけど、やはりサンゴ自体が健康だと、それなりの魅力はあります。
こういう色のサンゴもあったほうが自然らしくていいし、そのうち何か変化があるかもしれません。



事例4)コエダミドリイシ

今回、一番劇的に変化したのがコレです。

これは、いつ入れたんだっけ?。。。確か昨年の夏頃だったと思います。

やっぱりB級品扱いで、枝の分岐も5本くらいしかなくお値段も1,000円台だったはず。
あまりきれいでなかったのもあって、あまりいい場所に置いてあげられず、一時は茶色い枯れ枝のようになってしまい、「もーダメかな?」と思った時期もあったほどでしたが、この場所で固定してやったところ大化けました。

SPSはやっぱりこの辺が面白いところですね。


コエダミドリイシ
1507コエダミドリイシ_c

画像だと立体的に見えないので、枝の様子がわかりづらいですね。

コエダミドリイシ (1)_co

枝の部分は褐色+緑ですが、成長点が水色です。画像が上手く撮れません。

ここは、光はやや強・流れやや強といった感じですが、移動してからというもの、成長が早くなり現在月に1cmくらい伸びて、あっという間に無数に枝分かれしてなかなか壮観です。

照度でいえば以前の方が強かったかもしれませんが、光の波長と水流の強さが復活の要因ではないかと。
今回の移動では一番成功したケースです。



事例5)ハイマツミドリイシ ハイマツ150803_c

私の苦手なハイマツです。
どうも調子がイマイチのままだったので思い切って「あくあの塔」の頂上へ移動。
色は、ご覧のように見事にコゲチャイロイシです。

ここは光は強、水流もかなり強いのですがHyderのコントローラーで30秒ごとにポンプがON/OFFする間欠水流となっています。
今のところ顕著な変化はみられませんし、ポリプの出が若干よくなった感じがします。

今後は、この間欠の間隔を少し短めにして試してみようと思います。




さて、7cm級のウズマキの遺骸が見当たらずに放置して、一時0.41ppmにまで爆上がったリン酸値は8/5現在0.2にまで下がってきました。

SPSだけならもっと下げたいところですが、あまり低くするとLPSやツツウミヅタがどうなってしまうのか。
ツツウミは移動して2週間になりますが、いまのところ元気に復調しています。

今後、とりあえず0.1~0.2ppmくらいで様子を見ていこうと思います。


●本当は照度の測定とかしよーと思ったんだけど時間なかったんでパス。内容薄くてゴメン



にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

苦手な水中ボンド使ってみた。

こんばんわ。
最近、お仕事(マッチ売りのJK)が忙しくなってきまいた。
でも、明日から三連休はなんとか休めるかも?
ふぇぇ・・ねむいよぅ。


ダメアク会 アイコン5050ダメアク活動
それでも先日の夜 ついつい「selector(1期)」を徹夜で全話みてしまい、未だに
ダルいんですが久々に面白いと思いました。
これと電気街の本屋さん、サイコパス2などはみてますが・・・。

セレクターはなんかちょっと「まどマギ」に似た、かなりの鬱展開ですが、
今やっている2期 「selector spread WIXOSS」の内容がよく理解できる
ようになりました。

このOPの曲がまたイイヽ( ´∀`)ノ・・・・すっかり中毒状態です。

それにしても・・・だるいなー。
こうしてブログ書いていても、やたら打ち間違えが・・・・。
忙しいのに、お仕事もはかどらないし今日こそ、はよ寝たい。

そんなわけで、LIFEが0に近いので、記事を書く能力が大幅に低下。
アイディア・考察力も低調、調子が出ません。


アイコン「?」つまらない出来事アレコレ

そんなわけで、水槽もエサと添加剤投与以外おざなりなのですが・・・
これと言って大きな変化こそありませんが、小さな変化はアレコレと
あったりします。

記事としては、地味でツマラナイ内容ですが、普段あまり書かない小さなトラブル
やメンテについて原因やその対応について書いてみよーか・・・と思います。


1)ヒメマツが倒れた。

細かいことですが、ヒメマツが夜のうちに倒れていました。

私は、SPSの接着というものをほとんどしていませんので、こういうことも珍し
くは無いのですが、困ったことに倒れた先のミドリイシの先端は一晩で白化し
てしまいました。


ヒメマツによる被害・・・

ヒメマツ転倒_compressed

どうもヒメマツの毒性はかなり強いみたいです。
ヒメマツに被害はありませんでしたが、ポリプの出が悪くなっています。


【原因】・・・カニか、ナガウニのせいと思われ。
【影響】・・・他のミドリイシに被害がおきたー。しくしく。
【対策】・・・ボンドでひっつけた。


・・・・ね? つまらないでしょ。
でもこのまま続くからね。


2)シライトが移動した。

水槽に入れてからしばらくたちますが、この間ずーっと動かなかったシライト
イソギンチャクがいつもの場所にいません。
あわてて捜してみたら「あくあの塔」の反対側の根元にいました。

サンゴイソギンチャクのときは、移動でさんざん悩まされましたが、コレは今
までそういったことはありませんでした。
ひょっとして新しいLEDの光が気にいらなかったのかもしれません。

【原因】・・・照明の変化、または餌が足りない不満と思われ。
【影響】・・・とくにない。
【対策】・・・クマノミにクリルを持たせ給餌させたが、半分搾取した。



3)あくあの心に傷が・・・

真っ白で可憐なウミアザミ、通称「あくあの心」が夜のうちにずれて、エダコモンに
ぶつかり、一部が溶けてました。


「あくあのこころ」イテテ・・・
あくあの心被害_compressed

ウミアザミの場合、このような接触や落下などによる物理攻撃には弱く一部が
溶け始めると、今までの好調がウソのように、ご消滅するんでちょっと心配です。
このように繊細な「あくあのこころ」は傷つきやすいのです。


【原因】・・・カニか、ナガウニ、ヤドカリのせいと思われる。
【影響】・・・いやん、ハートブレイク!
【対策】・・・位置を戻した。



4)ウスコモンの変色
照明を変えて間もないのですが、ウスコモンの一部が変色してきました。
このウスコモンは、少し前まであまり光の当たらないところで数ヶ月ほど
「しょうゆせんべい」のような色をしてくすぶっていました。

しかしレイアウト変更により明るい一等地に引越しをさせ、さらに照明を
「Reef breders」(の直下)にしたところ色が激変しました。


パープルの部分
ウスコモンパープル_compressed

画像ではよくわかりませんが、ピンクというか紫色に蛍光グリーンのポリプ
という見たことのない様な色に揚がってきています。

もともと、このウスコモンの塔は2種類のウスコモンの破片を貼り付けて
あるのですが、そのうちの片方の破片が大変化を遂げています。

右の今だに「しょうゆせんべい」なのは、私が買って入れたやつで、もう
一つの色揚がりは、かつて「うにどんさん」からいただいたものです。
今頃すいませんが、こんなきれいな個体を贈ってもらってたんですね。

それにしても、こうして2つ並べると明らかですが、色揚がりってつくづく
「素質」なんですね。


【原因】・・・照明と位置を改善してあげた。
【影響】・・・ピンクなパープル!あきらっきー♪(CV:赤崎千夏)
【対策】・・・最初から、コレをメインに記事を書けばよかったと反省。



5)エダコモンのスイッチ
新しく入れたエダコモンの成長スイッチがONになったようです。
購入したときは、ツヤもイマイチでくすんだ黄緑色でしたが、「AquaSpec」
の直下に移動したら、グングン色が良くなってきました。


色が良くなってきたよーな気がする。
エダコモン1410_compressed
さっきのウスコモンもそうですが、コモン系は適した強めの光を当てると、
短期間で色が変わってきますね。


【原因】・・・照明と位置を改善してあげた。
【影響】・・・グリーンがキレイになった。成長した! あきラブリー♪
【対策】・・・なんだ、結構ネタあんじゃね?・・と猛省。


6)御神木を立ててみた。

さて、この太スギですが・・今までこのタイプのスギを入れても、うまく飼
えなかったのですが、最近昼でもポリプが出ていることに気づきました。

フトスギ接着_compressed

前述したように、私はサンゴを接着しないので、これもライブロックの隙間
に、テキトーに斜めに刺していたんですが、コレを期にボンドで垂直に固定して
やることに。


【原因】・・・私が不器用だった。 仕方なかった。
【影響】・・・45度から垂直になった。ポリプの出は・・・・イマイチ変わらん。
【対策】・・・なんとかボンドで固定できた。少しコツがわかってきた。


直立不動に成功した御神木。
「あくあの塔」完成141029_compressed
あーねむい。
さっき、焼酎飲んだらよけいに・・・
ごめん、寝ます。。。


★明日は水換えだなーヽ( ´Д`)ノ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ  

読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

おさすい設備増強計画、発動してみた

アイコン「?」おさすい設備増強計画について

いままで「お財布にやさしい」というテーマで、やってきたこともあり、
このサイズの水槽と生体数の割には、かなりショボイ設備で、やって
きたわけですが・・・・

さすがに90cm×45cm×60cmの非OFから、120cm×60cm×60cm
のOFになると水量も約3倍となり、従来の設備を踏襲したままでは、
いろいろ不都合も出てまいります。

そもそも、120cmにしたのは、サンゴ礁の再現、つまりSPSとスズメの
乱舞を両立させたい
という、私にとってかなり欲張りで、ハードルの高い
目標があったからなんですが、どうにもこの辺で限界を感じてきました。


魚もSPSも数が少ないうちはいいのですが・・・
やはり魚が増えれば水質が悪化しますし、サンゴが増えれば水質の不安定
さからRTNなども発生したりして、一気にダメになったり。

…なので、この辺でサイズや目的に応じて最低限、相応な設備を整えること
にしました。

今回の「おさすい設備増強」に関する項目は下記の3つです(`・ω・´)ゞ

1)Ca・KH・Phの安定化
2)照明の増強
3)その他あれこれ


まぁ、「いまさらかよ?」なんですけどね。

このうち、今回は(1)について書いていきますが、まずその前に、ここで
「おさすい」の経緯やコンセプトについて振り返ってみます。



アイコンえへへ「おさすい」の経緯とコンセプト

90cm水槽のときは、十分に熟成した砂とライブロックに強めの水流
を工夫することで、非OF・ろ過装置・スキマー・リアクター・浄水器なし
でやっていました。照明は150wのメタハラが1つのみ。

底砂は、数種類の砂(パウダーから#1~#3)をブレンドし3~10cm程度に
敷き詰め、「底砂を考える」に書いた各種のベントス生物とCPファーム
の最高グレードのライブロックを入れてました。

ブレンドといっても、減れば追加していましたのでサンゴ砂やアラゴナイトも
ありましたが、粒の大きさはパウダーが約8割くらいです。
これに、デニボールとかも入れてたような・・・。

ひねくれた私らしく、「○○○がないと飼育はできない」ってホント?

・・・・というのが、そもそものスタートだったんですね。

で、結論を言えば設備がなくても魚の数をあるていど抑えLPSや
ウスコモンなら十分に飼育はできました。


これは、そのころ飼育していたウスコモン。
ウスコモン040814


ガラス面と水面で成長がやっと止まった感じです。
160505ウスコモン上面
横は40cm、高さは30cmくらいだったでしょうか。
数年で90cm水槽のほぼ半分を占領する位になりました。
さすがに色は良くないですけどね。

当時、水換えは「シー・ライフ」で、添加剤なども一切なしで、
1~2ヶ月に1度、水道水で溶かして50Lほど交換してました。
(クーラーはゼンスイCL-500使用)

そのほか魚は、デバを10~20匹程度と、「ナンヨウハギ」や、
「ソメワケヤッコ」も、このシステムで8年ほど飼育しました。
ちなみに、底砂は一度も入れ替えたことはありません。

この砂、水槽を入れ替えた昨年の6月に全部取り出して入替え
ましたが汚れは思ったほどなく、
硫化水素などの異臭もほとん
ど感じられませんでした。

ただ、イロイロな生物がものすご~く「わらわら」いまして10年ほど
前に入れたハズの青イソメ?とかも真っ白な姿で生き残ってたりw

繁殖したのか、生き残った個体なのかはわかりませんが・・・。

詳しいことは判りませんが、この砂の中では生物層がうまくバランス
しており、独自の生態系があったのだろうと推測しています。

おかげで(?)、砂が腐ることもなく、また手間もお金もかけることなく
水質が、そこそこ安定してたのでしょう。
だから、水質検査なんてほとんどしたことがないくらいでした。

とにかく底砂の機能は十分に果たしていたようです。
いや~自然ってすごいですね。



アイコンえへへしかし目標と水槽が変わったら・・・・・

さて、このような経緯を経た私は、やがてこの水槽でミドリイシを飼育
しようと思い始めます。

しかし…やはり水質にな敏感なミドリイシともなると、このシステムでは
一部を除いては、数ヶ月維持するのが限界。

そこで、スキマーなどを設置してみたものの、「器具を使わない」、
「水質測定しない」という手法に、あまりに慣れてしまっていた当時の
私は、器具のことは詳しくない上に、そもそも水槽がオーバーフロー
でないため、器具も取り付けようがありませんでした。

・・・しかし、まぁダメなものはダメ。
まぁ、これは仕方ありません。

このまま90cmの非OFでもいいかなーと思ったのですが、ある1枚の
写真が、この考えを崩壊させました。


それがコレ。
5m水槽_compressed
(引用:(C)マリンアクアリスト)

この画像を見たときから・・・・

Σ( ̄□ ̄;)水槽で、ここまでできるものなのか!?
まるでダイビングしたようじゃないか!…と思い、


いつかは、SPSとデバを乱舞させた、こんな水槽にしたい
いや、「ヤッテヤルデス!(CV:竹達彩奈)」・・・・と目標が変わったのでした。
(この水槽って、5m×1.2m×0.8mなんだけどねw)


後に、P@タマ先生(ぴろっく@さん)から、この水槽は、
「とあるお店の水槽」であることを教えてもらいました。

残念なことに今はこのようなレイアウトではなくなってしまった
そうですが、とにかくできるだけ大きな水槽で、コレに近いもの
を・・・と思うようになったというわけです。




アイコンえへへ増強計画(1) Ca・KH・Ph安定化対策

・・・さて、前置きがすっかり長くなってしまいましたが、

120cm水槽でOFにしたとはいえ、SPS+多くのスズメダイという
テーマはなかなかハードルが高いです。

魚を多くすれば水はどんどん汚れ、サンゴを増やせば海水の微量
成分などもどんどん減っていきます。

90cm非OFの時代は、全体で水量が150Lでしたので、50Lの水換えを
すれば1/3が入れ替わることになりますが、今の400L近い水量だと、
週1回の50L程度の水換えでは全体のわづか1/8に過ぎません。

とはいえ、これ以上、水換えを増やすのは、時間・労力・塩代も負担に
なってきます。
私は「義務みたいな縛りがあるもの」を趣味にしたくありません。

自営は時間が自由になりますが、ならないときは食事も睡眠時間も削ら
ざるを得ないときもあるし、お付き合いもあれば、アニメ見たり、お酒を飲
んだり、こーゆー変なブログ書いたり・・・

まぁ他にやりたいことがたくさんあるわけです。
しかし・・・こうなると、やはり器具に頼るしかありませんよね?

P@タマ先生はじめ、ブログで知り合った方からイロイロ教わりながら、
まず、栄養塩(No3とPo4)は、リン酸浄水器とBPシステムで、かなり
低減させることができました。

これが今年の始めくらいです。
次にSPSの調子を維持するために、KHとCa、phを安定させなくては、
なりませんが、これについては「アラガミルク」を使っていました。

しかし、毎日ポタポタしながら、いちいち水質測定するのもタイヘン
ですし、液体のCa添加剤使用によるイオンバランスも気になります。

Caリアクターは昨年から持っていたのですが、ボンベとかを設置するのが
メンドウでしたし、最近ではドージングポンプでもお安いのがありますから
これで添加剤を補給するか・・・?

どっちを採るか迷いもあったんですが・・・

結局、あれこれ添加剤を使うより、今もっているCaリアクターを使うことに
して、まずコレとPh計をつけることにしました。


1年半も押入れに寝かしていたため壊れた部分を補修。
Caリアクター補修_compressed


あと「Co2ボンベ(ミドポン)」を手に入れなければ意味がありません。

実は、近所にあった酒屋さんが昨年閉店してしまい、この入手をどうするか
ということも「リアクター導入のネック」になっていたんですが…


事情を話したら「ふぐすまの親友」がアッサリ送ってくれまいた!ヽ(゜∀゜)ノ
Caリアクター配管_compressed

ありがたし、ありがたし♪

と・・・ここからが、ようやく本題なんだけど・・・なんか長くなってきたし
そろそろ飽きまいた。w

そのようなわけで、また次回に~<(_ _)> ゴメンナサイ


アイコン黒いの_compressed「えーと、なんで16歳と言ってるのに10年前とか・・・・ですか?」

アイコンぐぬぬ「・・・そりゃ6歳からやっているからだよ。」


●To be continued

にほんブログ村
人気ブログランキングへ  

読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
最新コメント
月別アーカイブ
あくあLink
ReefRing Status
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
海水館さん
indexlogo_co.jpg
悪亜(あくあ)SHOP
悪亜(あくあ)商事(生体資金調達用)
動物・魚などの里親を募集してます。
ペットのおうち
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース