スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

白い悪魔登場&オニイソメを捕獲してみた。

あくあ12だよ。 
-----------------------------------------------------
7月06日 
はくてんがでたようだ。 ぬしがいないぞ?

                     おわり。
-----------------------------------------------------

あーラクだ! ラクチンだよ!!
前回、熟考して、悟りを得たかいがあってブログを書くのが簡単になったよ。



-----------
-------
----

しかし、これでは自分でも意味がわからんのでいつもの文章に戻しましょう。


まずツノダシが7/6頃、案の定、白点まみれになったのね。
で、それを横目にみていた「ハタタテダイ三姉妹」もなんだか危うい感じに。

さらに、それを「対岸の火事」なごとく眺めていたウズマキの「まきまき」。
こいつにまで白点が憑き始めたもよう。


おかげで白ヒゲドクターの「ホワイトルーズソックス」先生、大繁盛。

・・・・いやな予感がする。


白点って、特に治療しなくても平気なときは平気なんだけど・・・・・
たまに、ものすごいのが来るんだよね。
こーなると何してもダメなんだな、コレが。



アイコン「?」7月7日(火)

今日は七夕だけど、相変わらず雨。

ところで、埼玉の七夕の夜ってここ数年晴れたことないような気がします。

「織姫」と「彦星」ってもう、何年も逢えてないのでは?
そのうち「生活のすれ違いにより・・・云々」とか言い出さなきゃいいけどねっ!(ゝω・*)b

うひゃひゃ。(ゲス顔)


そんなことよか、この長雨で野菜が高いよ!野菜がっ!( `Д´)ノ

にんじんやネギ、大根、ナスも軒並みお高い。
こんなことになるなら、今年も庭にナスでも植えておけばよかったなー。

それに最近、豚肉もえらく値上りしt・・・




・・・・・・・・・・・あれ?




話を戻しましょう。
こーゆーこと書いてるから時間がかかってしまうんですね! まったく!( `Д´)ノ


で…この朝、水槽を見たら「織姫と彦星」の仲なぞ心配しとる場合じゃなかったのね。


「まきまき」…白点。 ちょっと動きが鈍い。

「ハタタテ三姉妹」…ヒレぼろぼろ。 (;´Д`)ハァハァしてる。

「ツノダシ」…粉吹芋


なんだか、この水槽って強力な白点が住み憑いているのか・・・?
1年前、タテキンが逝ってしまったときと同じような強烈なのが来ているようだ。


でもスズメはともかく、チェルブなんかはツヤツヤしてて1粒も白点は憑いてません。
やっぱり同じ水槽で年単位になると免疫ができるのかな? 丈夫なもんです。


元気なスズメダイと「あくあの塔」
「あくあの塔」150712_co

かといって捕まえて薬浴もできないし・・・。
せめて、少しヨウ素でも多めに足してしておこう・・・・・・ポタポタ。



アイコンぐぬぬ7月8日(水)


Σ( ̄□ ̄;)・・・・・・「あう、あう」

この日水槽をみたら・・・なんとまぁ


「まきまき」…あきらかに動きが鈍い。 白点拡大中。

「ハタタテ三姉妹」…ヒレぼろぼろ+餌食べないでゼイゼイしてる。

「ツノダシ」…粉吹芋。


ツノダシ(粉吹芋Ver.)
ツノダシコフキ芋_co


・・・・・・・・・・・・・・・・・こ、これは

「もぅ、らめぇぇぇぇえ~!!!!!」(絶望)



アイコンしくしく7月9日(木)

「まきまき」…行方不明。

「ハタタテ三姉妹」…3匹行方不明、内1匹遺骸回収。

「ツノダシ」…粉吹芋。


それにしてもツノダシって、白点に対して異常に耐性ありますね。
症状としては一番重篤で、チョウならとっくに逝っている状態なのに岩つついて何か食っとるし。

でも元々の発症は、このツノダシなわけで。


これは強いというべきなのか弱いというべきなのか・・・・どないやねん?
それにしてもウズマキ、あんなでかいのがどこ逝った?
いくら捜しても全く見つかりません。

はぁぁ~なんてこった。

「最悪だ…最悪すぎて目眩がしてきました。」(CV:ボス・ドミニク)


アイコンしくしく7月10日(金)

「まきまき」…ご消滅。

「ハタタテ三姉妹」…全滅。

「ツノダシ」…粉吹芋。


仲良し三姉妹全滅・・・・orz

それにしてもハタタテ2匹と、まきまきの遺骸がどこを捜してもない。
薄っぺらいハタタテはともかく、「まきまき」は一体どこへ???

ツノダシは粉吹芋なまま体が褪色、みすぼらしくなってしまい気の毒です。
でも、なぜか泳ぎ回っては、相変わらずしきりに何か喰ってます。


…なんか重病患者が、お店まで走って行ってカツ丼食っているよーな違和感が。
なんなんだね、君は?



アイコンまずい・・・7月11日(土)

「ツノダシ」…粉吹芋。 少し痩せてきたけど元気(?)


今日は水換えの日です。

遺体を丹念に捜索したがやはりいない。
不思議だ・・・・すんごく不思議。




仕方なく捜索はここで打ち切り、いつも通りウールマットを交換。


したらね・・・・・



マットの中からオニイソメの一部?(10cmくらい)の佃煮を発見!Σ( ̄□ ̄;)


「いゃぁぁぁぁああ~!!!!!」(絶叫)


び・・・ビックリしたー マジで。 あ、あのヤローなんてことを(;´△`)ヒイヒイ
こんなのグロすぎて写真載せられねーじゃないか・・・。


で、よ~く見てもこれは確かにオニイソメ(の一部)に違いありません。
これは脱出をこころみてフロー管内に侵入、水圧で身体が切れてしまったのでしょう。

こーなりゃしゃーない。
フロー管に封印したヌシ(オニイソメ)の様子を確認するとしましょう。
・・・・・ぐぬぬ。気味悪いなぁ。


うーん、なんかよく見えないけど、フロー管の中にはやっぱ、いないよーだ?
逃亡したのだろーか??



で一応、周囲を捜したらフロー管付近の砂に潜っているのをあっさり発見。

ハァ?! 一体どうやって脱出した?


「プリンセス天功」か?Σ( ̄□ ̄;)
スーパーイリュージョンなのか!?


体がちぎれているはずなので、以前より若干短くなったはずがやたら元気です。
岩をどかし、ウネウネ逃げ回るのを網で格闘すること数分。




・・・・・・・・・捕獲成功!ヽ(゜∀゜)ノ ヒャッハー!



で、これを(ま)たんのお言いつけ通り、衣装ケースのふたの上で「みりん干し」に。

ポンプも停止させとるし、今日は暑くて水温の上昇が心配です。
なので、急いで水換え作業を続行することに。


でもね、作業してるすぐ横でね・・・・・




ウネウネ動いてて気味悪いわっ!!!!( `Д´)ノ


ふぇぇ、気になって作業がはかどらないよぅ。
なんか目を離すと這い出して来そうだ・・・・・



なので、ご近所のいつも犬がやかましい家の 庭に放り投げようかと思ったが、
こんなの持って外に出たら通報されてしまうし時間もない!・・・・・・


困惑した挙句、とりあえず第三ろ過槽にドッポン。
ここなら、逃走する心配もないし、また捕獲しようと思えばすぐにできるので。




・・・・あ、それとね、



アイコンあせり新たなる疑惑。

な~んか、ふと思ったんだけどー・・・・・
まさか、こいつ複数いるのかな?


よく見ると尻尾?がちぎれていないんですよ。
なんか「完全体」なの。

じゃあ、あの佃煮って一体・・・・?

・・・それとも、もう復活したのだろうか?

それに前みたときよりイマイチ全体が小さい気も…しないでもない。


水換えは終了(`・ω・´)ゞ また寂しくなってしまった。 全景150714_co

・・・・・ま、まぁ気のせいです…よ…ね?

気のせいと言って! お願いします!!<(_ _)>


おわり。


●今日もヌシは元気です。(里親&海に逃がしてくれる神、募集中)



にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


スポンサーサイト
読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

不思議体験しつつ、ツノダシ追加してみた。

それは先日、とある建物の暗い駐車場から車を出そうとしたときだった。
腕時計の針は、既に23時半近くを指していた。

一日の疲労感と昼間の蒸し暑さから一転、初夏の夜を思わせる風が心地よい。
ひんやりした風が頬を撫で少し爽やかな気分となって空を見上げると、そこには疲れを癒すかのような柔らかい光を放つ月が輝いていた。


「もうすぐ1年か・・・・」

家路につくため、エンジンのスターターをまわしつつ、ふと昨年の今頃、必死になって看病した「もんぷち(ウサギ)」を思い出す。

・・・共に過ごした思い出が脳裏に浮かぶ。
静かな夜が日常の喧騒を忘れさせるせいか、ついこのような感傷に耽ってしまうのだろう。

「まぁ、たまにはこんな夜もあっていい・・・。」


そう思いつつ、カーステに手を伸ばした私は、ついつい、こんな叙情的な曲を選んでしまうのだった。
(音声と歌詞注意





どうも、あくあ12です。(ちらっ♪)

いやー実はこの後、この暗い駐車場で人らしきものが車線のど真ん中でぶっ倒れてまして。
(マジ)

最初、デカイ犬でも寝ているのかと思ったのですが・・・・
とにかくこれじゃクルマが通れないから降りてみたところ、若い女の子なんだなコレが。


…で、何度も声かけて肩ゆすったりしたんだけど「グッタリ」して顔色も真っ青。
呼吸もしているのかどうかよく分からないしピクリともしない。

「おいおい!? もしかして○んでんの?」 (||| ̄□ ̄;)



・・・・このときふと気づいたんだけど車のライトつけっぱで必死に声かけてる私って・・・

「どーみても轢いた人みたいじゃないですかー!? いやぁぁぁあああー!」


「おいおいおい、ジョーダンじゃないよー」と思ったけど、今更ココから逃亡したらそれこそ怪しいし、このまま「おねーさん」を放置しておくわけにも逝かないわけで・・・。


どうやら大きな外傷はなさそうだし事件でもないみたいだが、こういうとき警察か救急車それともU氏さんのいづれに連絡すべきか迷ったけど、とにかく人命優先と思い119に電話したわけね。


私、過去に人身事故3回(内、バイク2機撃墜、車1台撃破)やらかしてるから馴れてるんですです。 (ゝω・*)vキャピ

…あ、物損は、その倍やっているけどね。(内、全損2回)

あんま保険使うと、保険会社から「アンタ、もーカンベンしてー」と、お断りされるわ、当時の同僚から「撃墜王」とか「破壊王」とか陰口叩かれるから、みんなも気を付けてねっ!(*ノω・*)テヘ


…そんで、10分ほど待っていたら救急車が来て、結局ただの酔っ払いだとゆーことがわかりました。

隊員さんに事情を説明したら「後は引き継ぎます(`・ω・´)ゞ 」といわれたので、私もそのまま無事帰還したんだけど・・

「1m超えのイソメ」の次は「夜中に駐車場の車線上で寝ている女」か・・・??


最近、どーもいろいろ不思議体験をするなぁ・・・(;´`)
次はUFOにのった宇宙人でも現れるんじゃないかな?

とりあえず翌日、UFO遭遇に備えてドライブレコーダーを購入した私なのでした。(本当)

そーいやまだつけてないや。




アイコン笑顔 6月23日(火)

前回「ハタタテダイ三姉妹」の導入で一気に「サンゴ礁ムード」な「おさすい水槽」。

3匹とも意外に人工エサをバクバク食べ、これまた意外なことに周囲との折り合い(混泳)も、まずまずなんとかなりそうですです。

さぁーー! ここで「ハタタテダイ」部隊を一気に倍増!(当社比)

6匹体制にして皆さんに自慢しつつ高笑いしようと企んだ私でしたが・・・・


ん?まてよ…また同じやつを増員するだけじゃ芸がないかな?
もしかして「なーんだ増やしただけかよ」とか思われてしまうのでわ…?




そう、ここは更なるインパクトをもって我が「おさすい」の名を磐石なものとしなければっ!

・・・・うぇひひ!ヽ(゜∀゜)ノ


このように人間とは実に欲深いものです。
あーやだやだ。 まったくなげかわしいっ!!(#`皿´)ノ



そんなわけで(?)今度はツノダシにしました。
ツノダシ2_compressed

第一印象・・・・デケェ。

通販の箱から袋を取り出した瞬間、予想外の大きさに私、少々ビビッてしまいました。
手のひらくらいあります。 体高があるからか余計に大きく見えます。

しかし極悪スズメダイがわらわらしている「おさすい水槽」では、このくらいの大きさでないとやっていけないかも。



大きさ比較。
ツノダシ・ハタタテウズマキ_compressed

ハタタテダイ(小)が4cm、同(大)は5cm、ウズマキの「まきまき」が7cmくらいです。
ツノダシは全長8cmくらい、高さはツノを入れたら15cm以上あります。
生で見るとかなりの大きさですし、泳ぎっぷりも悠然としていて迫力というか風格すら感じさせます。


この水槽の中では、かなりの存在感を発揮します。
ツノダシ01_compressed

体色のデザイン?は「ハタタテダイ」とよく似ていますね。
ただ、こちらのほうが南洋のサンゴ礁を思わせる形状をしています。
でも実際は、たしか伊豆あたりで潜ったときにも見かけた記憶が・・・あったような・・・??

さて、いれた途端・・・おさすい恒例の「ご挨拶」が始まります。

またもヨスジ親分が嫌っていますね。
ヨスジは、ヤッコなんかだと全く無関心ですが、同じ縞○ンが気に入らないのか、せっせと「いぢめ」に精を出しています。

「ハタタテダイ三姉妹」そして「ツノダシ」、さらにはヨスジ(子分共)と、アチコチ行ってはドツキ回しており、最近なにやらとっても忙しそうです。



ハタタテダイとよく一緒にいます。(今のところ)
ツノダシ・ハタタテウズマキ2_compressed

ツノダシも海では群れで行動しますので同じような形のハタタテダイといた方が少しは安心できるのかも?


ツノダシはハタタテダイより活発で遊泳範囲も広いようです。
身体が大きい分、自由に行動しやすいのかもしれませんが、今まで飼った魚の中でも遊泳力はかなり強いです。

このため小型水槽向きではなく、90cm以上ないとちょっとかわいそうな気がします。

「あくあの塔」はタワー型で、大きな水流を妨げず、また掃除がしやすいよう四方に10cm以上の空きスペースがあります。

このため「ツノダシ」は追い詰められることなくグルグルと塔の周囲を自由に逃走できます。
また、左側の岩組みもコンパクトにして砂地を広げ、遊泳面積を拡大しました。

時に岩をつついているような動作を見せますが、これはコケなどの植物性の餌を好むからだと思われます。
すばしっこくて、なかなか上手く撮影ができませんので動画にしてみました。
画像よりも「三姉妹」との大きさの差などがよくわかるかと思います。


ツノダシとハタタテダイ


撮影したのは、入れた翌日のものです。
数日経った今もヨスジ親分に追われていますが、もうこれほどしつこくはありません。
また、ヨスジ親分の攻撃が他のハタタテダイにも分散されるため致命的なダメージを負うことはなさそうです。


●ヌシはまだいるよw


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
最新コメント
月別アーカイブ
あくあLink
ReefRing Status
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
海水館さん
indexlogo_co.jpg
悪亜(あくあ)SHOP
悪亜(あくあ)商事(生体資金調達用)
動物・魚などの里親を募集してます。
ペットのおうち
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。