スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

水質ジェットコースター♪

いや~ごぶさたなのです…なのです…なのです。(CV:市松こひな)

あれから、特に変化はないですが約1ヶ月前とメンバーを比較してみますね。

シリキルリスズメ・・・・・・17匹(±0)
デバスズメ・・・・・・・・・12匹(↓5
ネッタイスズメ・・・・・・・04匹(±0)
ヨスジリュウキュウ・・・・・04匹(±0)
コバルトスズメ・・・・・・・04匹(±0)
うずまき・・・・・・・・・・01匹(±0)
チェルブピグミー・・・・・・01匹(±0)
クマノミ・・・・・・・・・・01匹(±0)
ミズタマハゼ・・・・・・・・00匹(↓-1
ハタタテハゼ・・・・・・・・02匹(↓-1
ヒバシヨウジ・・・・・・・・01匹(±0)
バナナフィッシュ・・・・・・01匹(↓-1
--------------------------

と、このようにデバが5匹、ハタタテ1匹、バナナが私に断りもなく行方をくらましてます。

魚の合計47匹


ホワイトソックス・・・・・・01匹
シライトイソギンチャク・・・01匹
黒ナマコ・・・・・・・・・・01匹
アカミシキリ・・・・・・・・01匹
マガキ貝・・・・・・・・・・06匹
ヤドカリ・・・・・・・・・・06匹
--------------------------
その他合計16匹

…と、現在生体の総合計は63匹です。



アイコン笑顔トゲサンゴ増やしてみた

先日、試薬を買おうとしたら…例のごとく「送料無料」まで¥3,000ほど足りません。

「・・・・君たちはいつもそうだね/(゜ω゜)」

・・・うーむ、最近どのお店でも「送料無料」のハードルがお高くなったよーな?
ついついアレコレ買ってしまうDEATHよ。

などと思いつつ、「そーいえば、照明を変えてから、水槽全体が青っぽいんで
「黄色いサンゴ」がほしいなー」などとゆーコトを、ついうっかり思い出してしまいます。
で、・・・¥3,000程度のご予算で捜したら・・・・

ちょうどいいのがあったですよ。


トゲを入れてみました。
トゲサンゴ141122_compressed

ライムグリーンとピンクと黄色が混ざった、思ったよりキレイな個体でした。
形はややアレですが、なんとなく水槽全体が明るくなったような気もします。


「あくあの塔 2014.11.22」(その1) 水槽全景141122_compressed


「あくあの塔 2014.11.22」(その2) 水槽全景141122_2 (1)_compressed


その他、変化といえば「あくあの塔」の右に移動したユビ系ミドリイシが・・・・


9月20日に入れたときにこんな色だったのに・・・
ユビ系140921_compressed_compressed


2ヶ月弱で文字通り「ミドリイシ」に・・・
ユビ系141110_compressed

うーむ・・・好みもあるかも知れないが、コイツはベージュのままで良かった
気もする。前の方がなんとなく自然っぽいイメージがあったよーな?…。

その他、チャイロっぽいハナヤサイが・・・・


グリーンとピンクの飾った複雑な色に。
ハナヤサイ141110_compressed

これは少しピンクがかったチャイロだったけど、全体的にグリーンとピンクの
組み合わさって、これはかなりキレイになった気がする。

あと・・・
一時、「あくあの塔」のTOPにおいていたら調子が悪くなり部分白化した
グリーンのショウガが・・・


復活したり・・・
ショウガG141110_compressed

これは、完全に照明があっていなかったと思われ。
「あくあの塔」の下のほうに移動したら、あっけなく復活しました。


・・・と、水質は後述するように、全体的にあんまり調子はいいとも思えないけど
そこそこ丈夫な種類は安定している様子。
お世辞にも低栄養塩でもないけど、この辺の種はあまり問題なさそう。



アイコン泣き顔水質ジェットコースター

実は、2ヶ月前につけたCaリアクターが、CO2を絞りすぎていてあまり働いて
なかったせいか10月末頃にKHとCaがダダ下がってしまい、一時はCa300、
KHも5.0位にまで低下していました。

それになんと言っても50匹の魚に与える大量のエサで硝酸塩(以下NO3)が
なかなか下がらず10mg/lをなかなか割らなかったんですが、思いつくことを
手当たり次第やってみたこともあり、ここ最近だいぶ成果は出てきました。



主な対策は下記の通り。一応、効果があったと思われる順番にしてみた。

●エサを減らせた
大量給餌の一因となっていたウズマキの「まきまき」がここ最近、手からエサ
をとるようになり、餌をばら撒かなくて済んだことで給餌量が一番多かった頃の
半分の量で済むようになった。

●AZ-NO3
やはり、暫定的な使用のつもりだけど、NO3の数字がハンパないので、他の
対策に加えてこれを使ってみた。

●換水量を増やした
換水量を50L/週から、一時的に2週連続で100Lに。
これは、あくまで暫定措置ではあるがCaとKH安定と栄養塩対策。
(現在は50L/週)

●BPペレッツ・バクトバランス追加
BPペレットを50ml追加して、栄養塩処理能力アップ。
さらにリーフアクティフの「バクトバランス」を使用し善玉バクテリアの数を調整。
同時にZEObakを中心にバクテリア添加を再開。 

●底砂の毒抜きを実施。
砂クリーナーを改造したもので、全体の半分くらいを毒抜き。
ナマコが頑張っているが、50匹以上いれば出るものも出るだろうと考え少し砂
掃除のお手伝いをすることに。

●謎貝の駆除
増えて減っていく謎の巻貝を見える範囲で駆除。
実際コケを取ってくれるらしい?ので放置していたが、やたら数も多いし死ぬと
腐敗する恐れもあると判断。

●サンプ内の徹底掃除
サンプ内のデトを徹底して吸い出す。
それほど溜まってはいないけど、ろ過槽内を舞い上げるようにして水ごと排出。

●スキマーカップの小まめな掃除
細かいことだけど少しでも改善を。


・・・と、考えられる方法を全部実施した結果・・・・。


水質測定グラフ141123_compressed

NO3はかなり改善されました。

11/09にKHとCaが急上昇しているのは、リアクターが機能してきたことと、
換水、それに一時的に「アラガミルク」の添加を再開したことによるもの。


イオンバランスへの配慮から一時的な応急措置ですが、10月末時点での
CaとKHの低下がハンパなかったんでつい・・・

結果的に数字はいい感じになったものの、リアクターが効いて来た事と併せて
規定量の半分以下で使用した割に、予想を超えて劇的に急上昇。

今後、CaとKHはリアクターのみで安定させて行こうと思いますがなかなか
初期設定にはテマヒマかかりますね。
やはり2週間くらいかけて徐々に改善していくのが理想ですからね。



アイコンえへへみずもの.COM
あと、バクテリアといえば、
「みずもの.COM」さんに応募していた賞品があたりましたん♪


「水作 StrssZyme+」
水作バクテリア_compressed

5mlあたり3億個、5種類のバクテリアが入っているそーです。
まさか目で見て数えたんじゃないよね?

現在うちでは・・・ZEObakとGEXを併用しているけど、そろそろGEXは切れそー
なんで、今後代わりにこれを使ってみようと思います。

なかなかバクテリアの効果測定というのは難しい面もありますが、今後水質
が改善されるかどうか楽しみです。


★忘年会?で、なんかカゼひいたよぅ。明日でかけるのに…(´;ω;`)

にほんブログ村
人気ブログランキングへ  

スポンサーサイト
読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

おさすい設備増強計画、発動してみた

アイコン「?」おさすい設備増強計画について

いままで「お財布にやさしい」というテーマで、やってきたこともあり、
このサイズの水槽と生体数の割には、かなりショボイ設備で、やって
きたわけですが・・・・

さすがに90cm×45cm×60cmの非OFから、120cm×60cm×60cm
のOFになると水量も約3倍となり、従来の設備を踏襲したままでは、
いろいろ不都合も出てまいります。

そもそも、120cmにしたのは、サンゴ礁の再現、つまりSPSとスズメの
乱舞を両立させたい
という、私にとってかなり欲張りで、ハードルの高い
目標があったからなんですが、どうにもこの辺で限界を感じてきました。


魚もSPSも数が少ないうちはいいのですが・・・
やはり魚が増えれば水質が悪化しますし、サンゴが増えれば水質の不安定
さからRTNなども発生したりして、一気にダメになったり。

…なので、この辺でサイズや目的に応じて最低限、相応な設備を整えること
にしました。

今回の「おさすい設備増強」に関する項目は下記の3つです(`・ω・´)ゞ

1)Ca・KH・Phの安定化
2)照明の増強
3)その他あれこれ


まぁ、「いまさらかよ?」なんですけどね。

このうち、今回は(1)について書いていきますが、まずその前に、ここで
「おさすい」の経緯やコンセプトについて振り返ってみます。



アイコンえへへ「おさすい」の経緯とコンセプト

90cm水槽のときは、十分に熟成した砂とライブロックに強めの水流
を工夫することで、非OF・ろ過装置・スキマー・リアクター・浄水器なし
でやっていました。照明は150wのメタハラが1つのみ。

底砂は、数種類の砂(パウダーから#1~#3)をブレンドし3~10cm程度に
敷き詰め、「底砂を考える」に書いた各種のベントス生物とCPファーム
の最高グレードのライブロックを入れてました。

ブレンドといっても、減れば追加していましたのでサンゴ砂やアラゴナイトも
ありましたが、粒の大きさはパウダーが約8割くらいです。
これに、デニボールとかも入れてたような・・・。

ひねくれた私らしく、「○○○がないと飼育はできない」ってホント?

・・・・というのが、そもそものスタートだったんですね。

で、結論を言えば設備がなくても魚の数をあるていど抑えLPSや
ウスコモンなら十分に飼育はできました。


これは、そのころ飼育していたウスコモン。
ウスコモン040814


ガラス面と水面で成長がやっと止まった感じです。
160505ウスコモン上面
横は40cm、高さは30cmくらいだったでしょうか。
数年で90cm水槽のほぼ半分を占領する位になりました。
さすがに色は良くないですけどね。

当時、水換えは「シー・ライフ」で、添加剤なども一切なしで、
1~2ヶ月に1度、水道水で溶かして50Lほど交換してました。
(クーラーはゼンスイCL-500使用)

そのほか魚は、デバを10~20匹程度と、「ナンヨウハギ」や、
「ソメワケヤッコ」も、このシステムで8年ほど飼育しました。
ちなみに、底砂は一度も入れ替えたことはありません。

この砂、水槽を入れ替えた昨年の6月に全部取り出して入替え
ましたが汚れは思ったほどなく、
硫化水素などの異臭もほとん
ど感じられませんでした。

ただ、イロイロな生物がものすご~く「わらわら」いまして10年ほど
前に入れたハズの青イソメ?とかも真っ白な姿で生き残ってたりw

繁殖したのか、生き残った個体なのかはわかりませんが・・・。

詳しいことは判りませんが、この砂の中では生物層がうまくバランス
しており、独自の生態系があったのだろうと推測しています。

おかげで(?)、砂が腐ることもなく、また手間もお金もかけることなく
水質が、そこそこ安定してたのでしょう。
だから、水質検査なんてほとんどしたことがないくらいでした。

とにかく底砂の機能は十分に果たしていたようです。
いや~自然ってすごいですね。



アイコンえへへしかし目標と水槽が変わったら・・・・・

さて、このような経緯を経た私は、やがてこの水槽でミドリイシを飼育
しようと思い始めます。

しかし…やはり水質にな敏感なミドリイシともなると、このシステムでは
一部を除いては、数ヶ月維持するのが限界。

そこで、スキマーなどを設置してみたものの、「器具を使わない」、
「水質測定しない」という手法に、あまりに慣れてしまっていた当時の
私は、器具のことは詳しくない上に、そもそも水槽がオーバーフロー
でないため、器具も取り付けようがありませんでした。

・・・しかし、まぁダメなものはダメ。
まぁ、これは仕方ありません。

このまま90cmの非OFでもいいかなーと思ったのですが、ある1枚の
写真が、この考えを崩壊させました。


それがコレ。
5m水槽_compressed
(引用:(C)マリンアクアリスト)

この画像を見たときから・・・・

Σ( ̄□ ̄;)水槽で、ここまでできるものなのか!?
まるでダイビングしたようじゃないか!…と思い、


いつかは、SPSとデバを乱舞させた、こんな水槽にしたい
いや、「ヤッテヤルデス!(CV:竹達彩奈)」・・・・と目標が変わったのでした。
(この水槽って、5m×1.2m×0.8mなんだけどねw)


後に、P@タマ先生(ぴろっく@さん)から、この水槽は、
「とあるお店の水槽」であることを教えてもらいました。

残念なことに今はこのようなレイアウトではなくなってしまった
そうですが、とにかくできるだけ大きな水槽で、コレに近いもの
を・・・と思うようになったというわけです。




アイコンえへへ増強計画(1) Ca・KH・Ph安定化対策

・・・さて、前置きがすっかり長くなってしまいましたが、

120cm水槽でOFにしたとはいえ、SPS+多くのスズメダイという
テーマはなかなかハードルが高いです。

魚を多くすれば水はどんどん汚れ、サンゴを増やせば海水の微量
成分などもどんどん減っていきます。

90cm非OFの時代は、全体で水量が150Lでしたので、50Lの水換えを
すれば1/3が入れ替わることになりますが、今の400L近い水量だと、
週1回の50L程度の水換えでは全体のわづか1/8に過ぎません。

とはいえ、これ以上、水換えを増やすのは、時間・労力・塩代も負担に
なってきます。
私は「義務みたいな縛りがあるもの」を趣味にしたくありません。

自営は時間が自由になりますが、ならないときは食事も睡眠時間も削ら
ざるを得ないときもあるし、お付き合いもあれば、アニメ見たり、お酒を飲
んだり、こーゆー変なブログ書いたり・・・

まぁ他にやりたいことがたくさんあるわけです。
しかし・・・こうなると、やはり器具に頼るしかありませんよね?

P@タマ先生はじめ、ブログで知り合った方からイロイロ教わりながら、
まず、栄養塩(No3とPo4)は、リン酸浄水器とBPシステムで、かなり
低減させることができました。

これが今年の始めくらいです。
次にSPSの調子を維持するために、KHとCa、phを安定させなくては、
なりませんが、これについては「アラガミルク」を使っていました。

しかし、毎日ポタポタしながら、いちいち水質測定するのもタイヘン
ですし、液体のCa添加剤使用によるイオンバランスも気になります。

Caリアクターは昨年から持っていたのですが、ボンベとかを設置するのが
メンドウでしたし、最近ではドージングポンプでもお安いのがありますから
これで添加剤を補給するか・・・?

どっちを採るか迷いもあったんですが・・・

結局、あれこれ添加剤を使うより、今もっているCaリアクターを使うことに
して、まずコレとPh計をつけることにしました。


1年半も押入れに寝かしていたため壊れた部分を補修。
Caリアクター補修_compressed


あと「Co2ボンベ(ミドポン)」を手に入れなければ意味がありません。

実は、近所にあった酒屋さんが昨年閉店してしまい、この入手をどうするか
ということも「リアクター導入のネック」になっていたんですが…


事情を話したら「ふぐすまの親友」がアッサリ送ってくれまいた!ヽ(゜∀゜)ノ
Caリアクター配管_compressed

ありがたし、ありがたし♪

と・・・ここからが、ようやく本題なんだけど・・・なんか長くなってきたし
そろそろ飽きまいた。w

そのようなわけで、また次回に~<(_ _)> ゴメンナサイ


アイコン黒いの_compressed「えーと、なんで16歳と言ってるのに10年前とか・・・・ですか?」

アイコンぐぬぬ「・・・そりゃ6歳からやっているからだよ。」


●To be continued

にほんブログ村
人気ブログランキングへ  

読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

インスタントオーシャンとKH考察してみた。

こんにちわ。 あくあ12(黒いの)です。
今回も「水質」のお話なんですが、JKが「おふざけ系なのに、まじめな話はメンドイ」と・・・。


4コマおふざけブログ1_compressed4コマおふざけブログ2_compressed

アイコン黒いの_compressed・・・そ、そんなわけで今回は、わたくしがまじめに書いてみ…みます。


さて、前回インスタントオーシャン(以下I.O)のKHを低くしたいと書きました。
でも「鉄系のリン酸吸着剤」は、P@タマ先生に指摘された理由と結構なお値段もするんで却下。
でもミドリイシを状態よく飼うにはKHが適正値で安定している必要があります。

I.OはKHこそ高めですが溶けるのも早く、品質も安定してて入手もしやすい。
何より「お財布にやさしい♪」わけでございまして・・.(←ココ重要)

他の塩と比べるとメリットも多く捨てがたいのです! 
そこで、なんとかKHを安定させ「IO+水道水・Caリアクターなしで状態よくミドリイシを飼えないものか?」と・・・・

アイコンあくあ12(ギャル仕様)_compressedってゆ~超ムシのいい考えを試してみる?みたいなー?チョーウケルー


アイコン黒いの_compressed・・・というのが前回までのお話でした。

さてKH云々の前に、まず栄養塩が低くないと、お話しになりません。
今回のリン酸塩測定はいかに?・・・こちらの低栄養塩化対策は順調なようです。


9/13日のリン酸塩です。
140913リン酸塩計測

一応二回測ってみたけど、1回目が「0.00」だったので、再計測しました。
ここ最近、減少傾向にありますし、こちらの方はマズマズと言ったところでしょうか。


リン酸塩数値の推移
リン酸推移1408~09_compressed

今までの、経緯も含めて表にしてみました。 こうすると流れもわかりやすいかと思います。
では、KHの話に戻します。

さてI.Oは、以前「おさすい」が90cm水槽(非OF・ため池タイプ・スキマーなし)の頃から愛用していますが、当時、何度か水槽のKHを測ったときは概ね「9~11dKH」程度でした。

アイコンあくあ12(ギャル仕様)_compressed 一応書いておくけどーKH(ケーハー)ってのわぁ「炭酸塩硬度」のことね。
ざっくり言うとーコレが海だと、KHは『7.5±1』くらいなんだけどー、これがあんま低くても高くてもよくないわけー。
LPSとかソフトコーラルなら、あまり気にしなくていいかもだけどー、ミドリイシなんかは、この数値が安定していないとダメじゃね?みたいなー。・・・・んじゃ。



しかし今の120cm水槽にしてからは、きちんとKHを測っておらず、塩を溶かしたときの「KH14」という数字と過去の記憶からくる「私のイメージ」で「高い」と思い込んでいたんですね。

でも、よく考えてみたら今は水槽サイズ以外にも、

・BP(バイオペレットリアクター)の使用
・2つあるスキマーのエアレ・魚とエサの多さ
・ばくとさんど&cpファームのライブサンド・オールライブロックレイアウト

・・・・などなど、以前とは諸条件が大幅に変わっています。
つまり水量は増えたけど、KHが下がる要因も多くなってるってことですね。

前回のコメントでもケントロさんが「うちはIOだけどKHが低い」とのことで、「もしかして、うちの水槽もKHが低下しているのでは?」と思ったわけです。
そこでまず、この漠然としているKHを確認するため試薬を購入。
再測定してみることにしました。


・・・そうしたら、ちょっと面白い結果が出たんですよ。


アイコン黒いの_compressed各KHを計測してみました。

KHの測定試薬は、以前と同じ「ELOS」を使いました。
ELOSKH試薬

そのほうが、以前の測定結果と比較もできていいかなと思いまして。
あ、・・・エロスっていっても、そういう話じゃありませんからね? お父さんニヤリとしないように。


a)I.O(水に溶かした状態)・・・・15.0dKH(これは以前計測した数値と同レベル)

b)I.O(水に溶かした状態+アラガミルク2cc添加)・・・・17.0dKH(ちょっと上昇?)

c)うちの水道水・・・・3.5~4.0dKH(試しに水道水。やっぱ低いね)

d)水換え前の水槽の水・・・・7.0dKH(ph7.8)(なんと!意外と適正値)

e)水換え後(bの水、約60Lを換水後)・・・7.5dKH(ph8.2)(若干上がった?)

f)水換え後2日経過した水槽の水・・・・dKH6.5 ph7.8(2日経過で少し低下?)

g)水換え後6日経過した水槽の水・・・・dKH6.5 ph8.0(変わっていない)

※「~」というのは、慎重を期して複数回測定。

・・・・以上の結果でした。


さらにテトラ5in1試験紙でも比較してみました。(水=水槽水、I.O=溶かした海水)
140913テトラ5in1

上から、硝酸塩・亜硝酸塩・Ca・KH・phです。
5つを一括して測れるから便利ですね。

これに限らずですが私は日常、試薬で水質測定するときは数値云々より「前回と比較して変化がないか?」と相対的な感じでみてますのでこれでも十分なんです。

ちなみにph、Caはコレで測った数字なので多少の誤差があるかもしれないけど、KHに関してはELOS測定と比較しても、結構正確ですね。
こういう「リトマス試験紙」みたいな方法で、あまりに簡単なのでちょっとナメてましたが。
・・・テトラさんすみません。<(_ _)>

あと「アラガミルク」の添加により、一時的にKHがやや(+1.0くらい)上がったようですが、換水後2日目には6.5dKHに戻っています。

それから添加によって、CaとKHが上昇しているのに、ペーハー(以下ph)も上がるというのは、ちょっと理屈にあわないんですけどcaとphは必ずしも正確でないかもしれませんし、あるいは添加後の一時的な現象なのかもしれません。


アイコンあくあ12(ギャル仕様)_compressedKHとCaとPhの値ってば、それぞれ作用しあっててー、例えば水の中でcaが増えたときphが同じならKHわ下がるわけー。 

っつーかー「あっちを立てればこっちがたたず」みたいなー、人間カンケーみたいな?
だから3つ一緒には上がんないしー下手に「KH上昇剤」なんか入れるとー今度phとか下がちゃてチョーヤベみたいなー。

でも生体チョー多くて水換えをしなかったりすっとー3つ共下がったりすんよ。




アイコン黒いの_compressed所見と現段階における仮説

・・・えー、話を戻します。

今回の換水量は60Lでしたが「もしこれが100Lならどうなったのか?」「Ca値はどのくらい変化(減少)するのか?」などなど、今後、もう少し継続して計測していかないと何ともいえませんので、まだ結論を出すのは時期尚早かもしれませんが・・・
少なくとも・・・

I.Oを使っても(条件によって)KHが高すぎるということはない。
「Caリアクター」がなくても(現段階では)1週間程度でKHは大きく変動しない。


ということは判りました。
※これはあくまで、「うちの水槽における現状でのお話」ですので、今後生体が増えた場合は、この限りではありません。 また条件が異なる水槽にもあてはまるとは限りません。


仮説ですが今回の結果を見る限り、うちの場合(水量約400L)だと週に50L~100L程度の換水ペースを継続することで、ある程度KHの適正値を維持できるような気がします。

それから、もちろん設置するに越したことはありませんが、1週間の変動が、「6.5~7.5」程度の変動値に収まれば、「caリアクター」も使わずにいけるかもしれませんね。

「Caリアクター」は、既に持っているのですが、せっかくの機会ですので、このまま「ナシ」でどこまでいけるかを試してみようと思います。


ただ、この仮説が正しいとしても下記の項目について注意が必要かと思っています。

●意外と低下するよKH
実際に測定したら前回書いたこと全然違う結果となりました。 まさかこんなにKHが低いとは。
KHは水槽内の酸化要因やca、phと連動しているけど、もうひとつmgの低下にも影響をうけます。
mgは、caと共にスキマーカップの汚泥に多く含まれ、排出されてしまいますので、コレらの微量元素を補充することも大事かと思います。
※mgは、現在でも規定量以下で添加(KENT)していますが、実際に測定したことはありません。 その他、バクテリア剤とヨウ素は添加しています。


●リセットは水換えのみ。
著しくKHが低下した際、「caリアクター」がないと下がりっぱなしに?
多少は底砂のアラガサンド等から補填されるかもしれませんがKHとイオンバランスのリセット?は、基本的に水換え頼みとなります。
換水量とペースは今後、測定しながら決めていきますが、現在の50~60L/週で概ねバランス的には合っているような気もしますが、できればphがリアルタイムでわかる「ph計」もほしいところです。

●大量換水に注意?
KHが大幅に低下した状態で、「I.O」(のようにKHの高い塩で)大量換水すると数値が激変すると思われます。
特に全水量の50%~100%の大量換水をする際はサンゴにダメージが出る可能性もありそう。
こういう場合は、KHが7~9の塩か、天然海水などを使用してKHなどの変動を抑えようと思います。


そんなわけで、ちょっと意外でしたが現状のままでKH安定の可能性アリ?という気がしますので、今後もこの件については、Ca試薬なども併用し、引き続き検証を続けていこうと思います。


以上、おわります。

アイコン黒いの_compressedこっ、ココに書いたことはあくまで私感なんだからねっ!。(CV:釘宮理恵)

アイコンあくあ12(ギャル仕様)_compressed▼応援よろ~♪


にほんブログ村
人気ブログランキングへ  

読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

リン酸とKHを考えてみたですよ。

こんばんわ、「東京喰種」「さばげぶっ!」が、楽しみで、かろうじて生きている、あくあ12です。
最近、ちょいと忙しくなってきました。

さて、前回1ヶ月ものスキマー不調からようやく脱却して、ようやく9/4に「0.08」までに低下したリン酸塩。


今回9/06では、どうなっているかといいますとね。
リン酸測定1409水槽_compressed
・・・ちょいと後退しましたが、これはスキマーが新しいペレットを入れて連休しちゃたせい?


ところで何度も書いているけど、うちは「水道水+インスタントオーシャン」=「お財布にやさしい?」という選択をしているんだけど、そもそもこの水道水の、リン酸塩(PO4)ってどうなんだろうね?

うちは、埼玉県内のマンションだし、すぐ近くを流れる綾瀬川も全国の一級河川でも屈指の汚染度なんで、あまり水質に期待はできないけど、この際だから、ちょっともう一度測ってみることにしますね。

ところで、リン酸塩ってのは、お米の研ぎ汁にも多く含まれ、川を汚す原因となりますので、私は研ぎ汁は流しに捨てずに庭の鉢植えや野菜にあげてます。
(おさすいではECOに取り組んでおります。)

・・・しかし、こうした私の努力にもかかわらず、なぜか綾瀬川は一向にキレイになりません。
研ぎ汁は流さないけど、汚れた海水を毎週のように平気で垂れ流してるからでしょうか?
(都合により、おさすいはEGOな場合もあります。)


まず、うちの水道水(ノーマル)ね。
リン酸測定1409浄水器_compressed

くそぅ、せっかくタグ貼ったのに、間違えたよw

・・・うーん、まぁこの数値は予想通りかな。
ところで、うちに「アルカリイオン浄水器」があるんです。


こんなやつね。
アルカリイオン浄水器_compressed

アルカリってだけに、確かに「ph」も上がるし塩素も除去できるから、本当は海水作るのにイイと思っていたんだけど・・・


リン酸測定すると、こんな数字になってしまうのね。
リン酸測定1409ノーマル_compressed


だから、いつも海水作るときは、この浄水器は使わずに、水道水をそのまま「25式・おさすいリン酸除去装置」に通しているんだけど、最近ちょっとこの数値が上がってきておりまして・・・


おさすい式リン酸除去装置
おさすいリン酸浄水器_compressed


水道水+おさすい式リン酸除去装置
リン酸測定1409ノーマル+リン酸除去_compressed

これ、装置が2段式になっていますが、上は4Lの巨大PETボトルです。
これで以前は「0.02」まで下がっていたんだけど、最近使用後にアルミナをかき回たり乾燥させたりしてないし、水槽が大きくなり使用量が増えたせいか、やや性能が劣化してきたような感じです。

まだ、アルミナは飽和状態ではないと思うのですが、どうしても水滴のポタポタに偏りが出るため、今週取り出して乾燥させて戻しました。
これで次回はかなり機能が回復するような気がしますが、こんなメンテが必要だってことも、こうして測ってみるとよく判りますね。

さて、ズボラな私には珍しく水質測定ばかりな記事ですが、いい加減「緑玉画像」には飽きてきたと思うので、次逝きますね。


アイコンぐぬぬ悩ましいKH

うちは前述した通り、「インスタント・オーシャン」ですが、コレご存知な方も多いように、お安いけど「KH」の数値がやたら高いんですよね。以前測った時も余裕で「14」超えとったし。

・・・で、そのせいか、やたら石灰藻がつくんです。

昔は、石灰藻がつくというのは悪いことではないとか、水槽の調子がいい( ‘ ∀‘)みたいに言われていたし、確かに茶コケよりかはいいんですけどね。
それで、ちょっとナチュラルっぽい感じもいいかと思い、しばらく放置してたんですが・・・・


やっぱ、うっとうしい(;´`)
140904全景と石灰藻_compressed
ちなみに、最近うちの水槽では茶コケは最近ほとんど出ません。
1週間程度では、まず掃除の必要がほとんどないくらいです。


ところでうちが、そもそも120cm水槽にしたのは、「デバスズメを大量にワラワラさせたサンゴ礁が目標」だからなんですけど、魚を大量に(50匹~80匹)入れることが前提となるため、ミドリイシの色揚げなんかは、最初からあんま期待してなかったし、「caリアクター」も使ってなかったんです。

だからKHが高くても、「phも安定するし、まぁいいじゃん?」って感じで、得意の「見ないふり」をしてきたんですが、最近になってスズメダイの数も維持できているし、「BPロボ子」の活躍で、魚40匹~入れた状態でも「SPSが飼える最低限の水質も維持できんじゃね(?)」って感じになってきました。

そこで低栄養塩化と同時に、KHも適正値である「7~9」くらいに抑え、ちょっとキレイなSPSも維持できればいいなぁ。・・・なぁ~んて欲がでてきたのね。
でも、KHを上げるならともかく下げる(しかもphは維持)となると、上手い方法がなかなか見つからんのですよ。


「じゃあ、I..Oやめて「ヴィーソルト」あたりを使い、リアクター設置すればよくね?」ことになります。
・・・ごもっともです。

しかも、うちの押入れには、もう1年ほどH&Sの「caリアクター」が寝たきりになってるんで、さっさとコレ取り付けて「ヴィーソルト」にすればいいんですよね?

いや、でもね・・・・

今、私が使っているI.Oの場合、800Lで5,300円くらいなのね。
でも、コレを「ヴィーソルト」にしたら700Lで7,000円超えます。

つまり・・・
「I.O」5400円として、・・・1Lあたり ¥6.75
「ヴィー」7200円として・・・1Lあたり¥10.29

・・・と、「約1.5倍以上も塩代がかかるですよ。」

(なんか、「ガールフレンド(仮)」というCMで「○○で、検索するですよ」という、言いまわしが、妙に気に入ったので使ってみた。)

一ヶ月で240L換えるとして前者は、\1,350なのに対して、後者は¥2,470と、その差は\1,120/月。
年にしたら、\13,440じゃないですか。ヤダーーー!!

それに「I.O(プレミアム)」だってKH以外はそんなに不満あるわけでもないし、現状でも生きているミドリイシもいます。
なにより、せっかく「おさすい」なんてゆー、名前をつけてるこのブログ。
ゼヒ、ここは「なんとかしたいなー」と思ったですよ。

で、ひとつ思い出したことがあるんですが、・・・それは「鉄系のリン酸吸着剤」の使用です。
ご存知のように、リン酸除去で使われているのは、うちのアルミナ系と、もう一つ「鉄系」のモノがあります。
たしか鉄系の吸着剤はKHを下げ、しかも一旦吸着したリン酸は再放出しなハズ。


ところが・・・・だ。


P@タマ先生が、こんなイジワルをいうですよw
BPシステムとKH
・・・さて、どうしたものねかね。
ここは、素直に「ヴィー」を使ってもいいんだけど、やっぱ「I.O」の超優良コスパも捨てがたい。
それに、「I.O+水道水」で、どこまで工夫できるか試したい気もするし・・・

うーむ・・・・

悩みながら、おわるですよ。


応援してですよ。

にほんブログ村
人気ブログランキングへ  

読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
最新コメント
月別アーカイブ
あくあLink
ReefRing Status
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
海水館さん
indexlogo_co.jpg
悪亜(あくあ)SHOP
悪亜(あくあ)商事(生体資金調達用)
動物・魚などの里親を募集してます。
ペットのおうち
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。