スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

水流と岩組みを考える(その1)

最近、ふざけた記事ばっかり書いているので、たまには少しマトモな記事でも書いてみようと
思ったのですが、うちの水槽にはこれといって誇れるような設備などありませんし、またタイトル
通り、高価な生体もいません。

プロフにもあるように、ウチの水槽は「オーバーフロー式」ですらなく濾過槽や強力なスキマー、
リアクターも、つける場所がないです(TT)。

このような条件の中で、サンゴや魚(そしてイソギンチャク)を一緒にして、少しでも良い環境を
作るには…?ということで、少々工夫しているのが、岩組みと水流、底砂です。

そういえば、「岩組み」について質問されることが何度かありましたし、私が見る限り専門書でも
細かい部分の工夫などについては、あまり深くは書かれていないようなので、今回から、岩組みと
水流について少し触れてみることにします。

ご注意 *************************************************************************
      
私、結構飼育暦は長いのですが、決して飼育技術が高いなどとは思っていません(^^;)
また、偉そうに書くほどの内容でもないのも承知していますが、誰でもレイアウトや、水流、底砂に
ついて、一度は悩んだ経験もあるはずです。(というか、私も未だにあれこれ悩んでます。)

そこで「私なりのやり方を、あくまで事例の1つとして、(専門書以上に)ここにできるだけ細かく
書いてみようかな~」というのが主旨です。

その上で、普段皆さんがやっている小さな工夫や発想なども教えていただければうれしいです。
もちろん私の思い違いや、改善すべき点などもあれば、ぜひコメに書いてくださいね。(^◇^)/

ちょっと前置きが長くなりましたね。
*******************************************************************************

では始めます。

まず、ウチの水槽の特徴として…
(1)砂地の面積が広い。
(2)砂地に接しているライブロックの面積を極端に抑えている。
(3)底砂が厚めである(4~8cm)
(4)上記の条件下でサンゴをたくさん置くために土台からせり出した部分を設ける
(5)大出力のパワースキマーは設置不可。(プリズムスキマーのみ)

こんな感じ
111101 砂浜
まず、砂地の面積が広い理由ですが、ひとつは砂地の中にある「根」をイメージしているという見た目の
理由があります。これはダイビングを経験された方ならなんとなくイメージがおわかりいただけるかも
しれません。

そしてもうひとつは、砂の表面で行われる好気性バクテリアによる硝化を妨げないようにするためです。

硝化を十分に機能させるためには、酸素と水流が必要です。
そこで、なるべくライブロックの土台部分の接地面積を抑え、さらにその上に乗っているライブロックも
硝化を行っているため、これらに十分な水流が行き渡るよう、なるべく岩組みに隙間を設けています。

しかし土台が少ないということは、それだけ置けるもの(生体)も少なくなってしまいます。
そこで、これをカバーするために、いわゆる「オーバーハング(せり出し)」部分を作ってやり、珊瑚が
なるべく多く置けるようにします。

順番としてまず、土台となるライブロックを置き、その上に枝状のライブロック、さらにその上に板状の
ライブロック、その上にサンゴや、カタチや見てくれのいいライブロックを置いていきます。


水槽を横からみたイメージ図
※今日やる予定だったお仕事がドタキャンになってしまったのでイラスト付です。

岩組と水流

なぜ、このように多段式にするかというと、一つは岩同士に隙間が空き、水の通り道が確保できるからです。
塊状の岩を重ねると、そこで水がとまってしまいます。

また、枝状のライブロックを使うと、張り出す方向をある程度自由に変えられますし、ひっかかりがあるので
組みやすいのです。また方向をある程度変えられるということは、実際にサンゴを置いた後でも、水流や光の
あたり具合を調整するのにも便利です。

ただ、この枝にそのままサンゴを乗せると、いかにも不自然で見てくれがよくないので、その上にさらに板状
のライブロックを置き、ここにサンゴを載せるというわけです。

ただ、このままですと張り出し部分が重くなり、前倒しになるので水槽の背面側に重くて見栄えのするライブ
ロックをドカンと置いて、バランスを維持します。

過去記事で何度もでてきた「イソギンタワー」は、実はこのオモリも兼ねていたんですね。
このため、これをどかすと、とたんにバランスが崩れ、例の大崩落をひき起こしたりするのです(笑)

実際の画像
111101 岩組み
「青い線」…………土台のライブロック

「黄色の線」………枝状のライブロック

「オレンジの線」…板状のライブロック

といった具合です。
画像ではわかりづらいかもしれませんが、実際は、土台から10cmくらい張り出しています。

ここは、テンジクダイ(通称:メダマ)たちが好んで住処にしています。

では、長くなりましたので、次回に続きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

コメント

No title
こんばんは~
ふむふむ、なるほど・・・ こうなっていたのですね。
とても解りやすい解説 ありがとうございました。
思っていたより土台は小さく、かなり張り出しているのですね。見事なバランスです。

砂地を広く・・・家は年々少なくなっているので気になっていた所ではあります。
家のあそこ、やっぱり変えよう!
本当は色々変えたいところですが、魚たちの寝室が決まっているのでどうかと?

keiさん
こんばんは~。

>とても解りやすい解説 ありがとうございました。

いえいえ、と、とんでもない!(ひえー)
こういう記事って、詳しい人からは「あたりまえじゃん?」とか、
知らない方には「自慢?」とか思われそうで、非常に書きづらかった
のですが、いづれにしても、まぁ手間の割には大した内容では
ないですよね(笑)

ただ、みなさんがレイアウトのとき、どのようなことを基準にされているのか
興味があり、それならまず自分が書かなくては…という感じの記事だったのです。

魚の寝室って、決まってますよね!
うちのデバも、テンジクダイもやはり決まっています。
やっぱり魚たちも「安心」できるからそうしているのでしょうから、むやみに
変えないほうがストレスを与えないのかもしれませんね。

No title
ども、酔っ払いですw

とても分かりやすい図解入りで参考になります。
実は、私も今の水槽を立ち上げるときには、同じように砂地の根をイメージしたいと思ってました。
特にその根に集まる小魚たち・・・それがコバルトだったんですよね(実際は知りませんww)。
でも、出来たのは似ても似つかない極めて人工的な中身になってしまいましたww

でも、今の中身はそれなりに気に入ってるのでサンゴが成長して少しでも自然な感じになってくれればなぁと思っています。

AQUAさんは最小限の設備で見事に飼育されてるのでアドバイスなんてありませんよwww
ひさ坊さん
こんばんわ~。私もこんな夜中に串カツで呑んでますww(カロリーやべぇ)

いやー、本当はパステルミドリイシとか、深場とかもやりたいんですが、
今のところ、丈夫なチャイロイシの維持すらアヤシイ。

技術や設備も全然なのに…お恥ずかしい。

なんとか、まだSPS系は維持できていますが、毎日ビクビクしとりますです。
ひさ坊さんのキレイな水槽ウラヤマシす。

水流、本当に難しいですが、以前レイシーの上部フィルターで間欠式で
強力な水流を起こすのがあって、本当はあれがお気に入りでした。
照明のジャマで撤去しちゃったんですが。
No title
こんばんは。
今、缶詰の焼き鳥とビールでコメ書いてます。(ちょっと不謹慎でした。汗;)
かなりのノウハウが詰まった水槽だと思います。厚い砂地の上に普通にライブロックなどを組んだりすると数年後にお魚さんが突然死なんてことになり兼ねないですよね。
ブログではあまり水流の流れ方について書かれないですがもの凄く重要ですよね。記事のUPに拍手です。(^。^)
ほんとにイラスト、上手いですね。イラストにも拍手。(^。^)
白いヒトデさん
焼鳥いいですねぇ~。ジュルリ…
不謹慎なんてことはありませんよ。(^^)。
でもこんな時間ですから、お互い呑み過ぎ注意ですね。

最終的には硝化と、半硝化のバランスということになるのだと思いますが、
なにせ見えないものが相手ですからね…。

適切な水流は「水槽内の血流」と思ってもいいのではないか?、というくらい
気を使っていますが、考え方によっては、人間がどうにでもできるものだけに、
どのような状態がベターなのかは、かえって判断の難しいところですね。

昔、ライブロックを過信して、ガッチリ組んでいたときは、なぜ硝酸塩の値が
落ちないのか?と悩みつつ、魚のポックリ病にも悩みました。

それと…いろいろ大変でしょうが、養殖(?)期待してますね(^^)/

ほぉ~
こんばんわ。
初心者の私はメモ持参で拝見させて頂きましたよ!
図解入りで、私にも理解できました!m(__)m感謝

我が家の水槽の岩組は…
10点未満くらい??汗(*_*;

底砂なんか、クマノミが掘っちゃって薄くなってる所があったり…

サンゴ達にいきいきと暮らして欲しいので、
またお勉強しに伺いますね!

よろしくお願いします(^^)
No title
水流や岩組みなど大丈夫かな?と思ってた所なので勉強させて貰います^^
次回にも期待しております。
カニ子さん
こんばんは~。
とんでもない。とんでもない!大した内容でなくて
恐縮であります。

小型水槽って、レイアウトや水質の維持、水流の作り方って結構
難しいんですよね。強すぎると洗濯機(笑)になりますし…。

そう、そうクマノミはなぜか穴を掘る個体がいますね。
あれ、何なんでしょうね。理由はわかりませんが…。
カクレモモジリさん
こんばんは。
このテの課題は、「これ」という明確な答えがなく、それぞれの水槽によって
全く違いますから、難しいですよね~。

要は見栄えよく、うまくいけばそれでいいんですけどね~。

うちも試行錯誤が続いています(^^;)
たぶん、家作りです…
うちのクマノミは掘って窪んだところに
横になって寝ています(笑)

見た目は、死んでいるみたいです…
マガキ貝が通って窪みを潰したりしたら血相変えてまた掘ってます(*_*;

毎日、喰っちゃ寝していますよ。(笑)
カニ子さん
え?「くまのみが穴掘って、そこに死んだように寝ている…?」
…アハハ!すみません想像して爆笑しました。
なんておもろいヤツ。(良い意味で)

いままで、すいぶんクマノミは飼いましたが、そんな愉快なのが
いるとは。(失礼?)

でもきっと、本人(くまのみ)は大マジメなんでしょうね。
大事にしてあげてください。
梅人さん
TBありがとうございます。
ただ、そんな大それた内容ではないので…(汗)

ぷ、プレッシャーがっ!

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やばっ( ̄□ ̄;)!!
おはようございます! ツイート的ですが 3つの「ヤバっ」。 ①ライオンズの崖っぷち状況。。。 ②昨晩帰ってみるとアワサンゴに穴が。。。( ̄□ ̄;)!! ③6:00に起きたのにこんな時間。。...
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
最新コメント
月別アーカイブ
あくあLink
ReefRing Status
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
海水館さん
indexlogo_co.jpg
悪亜(あくあ)SHOP
悪亜(あくあ)商事(生体資金調達用)
動物・魚などの里親を募集してます。
ペットのおうち
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。