さまようシライトイソギンの復調に努めてみた。

こんにちわ<(_ _)>
連休明けって何かとばたばたしてまして。
ごぶさたどす。

今更ながら、GWを3行で振り返ってみた。

・アニメ消化&農園
・ローダウン
・ピケティ

録りダメしていたアニメを消化しつつ、ジャングル化していた
庭の雑草取りを手伝ってもらい、ナス・トマト・シソ・山椒・パセリ
を植えた。

そして以前から気になってた営業車の車高をイトコに
「工賃=ハンバーグランチ(¥850)」でローダウン化してもろた。ヽ( ´∀`)ノ
車高が4cmほど低くなり、なかなかイイ感じに…デュフフ。

ろーだうん!_co
※この後、いとこのGT-Rは車検を通し、無事復活した。


アイコンえへへ マリンアクアの資本?

そういや以前、人工海水の高騰がなんたらって書いたけど…

マリンアクアって「お金がかかるってイメージ」 が、あるせいか…
(いや事実かw?)
その盛衰には、景気とある程度の相関があるよーな気がする。

「気のせい」かもだけど…
なんかマリンアクア人口って減ってないか?


幼少のころから家に水槽があった私は、
何気にあって当たり前みたいになってるが…

確かに、水槽がなくても生きていく上で何ら支障はない。
でもまぁ、趣味なんてみんなそんなものだよね?


もっともマリンアクアが、お金かかるといっても、
他にもっとお金のかかる趣味はいくらでもあるし、
多少大きな水槽とはいえ、本気出せば全然手が
届かないという額でもない。

実際、ダイビングの方がお金はかかると思うし、
他の趣味にしたって凝ったらキリがない。



ただ、昨今のご時勢をみると、年々上がるばかりの
社会保障と年金、そして増税、物価などなど…

それに加え、最近よく聞く貧富格差(相対貧困率拡大)。
これじゃ、なんか将来に不安を抱かざるを得ないし、
なかなか趣味に投入できる資金も限られる。


2010年の数字だが、全世帯の中央値(年収244万円)の
半分に満たない貧困世帯の比率は16%!
つまり、全世帯の16%が年収122万円以下?

GDP3位の経済大国でありながら、これは異常だ。
だってあのギリシャ(14%)より高い。

かつての日本は、貧富の差が小さい国だったはず。
「どーしてこーなった?」

一方、私用に税金使うアノ都知事はじめ、国のムダな
歳出は一向に減らないわけだが。



うーむ、
このまま「マリンアクア(と日本経済)は衰退」してしまうのだろーか?


衰退しました

そんな疑問も抱きつつGWに読んでみたのが、
ビケティの「21世紀の資本」。

・・・・・おもしろい。

でも、700P超える本だから、読破にはそれなりの気合も必要(?)
私も時間(と気合)が足らなくて、まだ全部読んでない。

GWに一気に読み進めるつもりだったが…
ついつい読みながら呑むから寝てしまう。(*ノω・*)テヘ

やはり、「マンガでわかるシリーズ」にしておけば
よかったか?(´・ω・`)



こーゆーの。
統計学_co

いや、だって・・・
内容が難解なものほど「遊び」を取り入れないと理解効率が
悪いと思うの。 (*ノω・*)テヘ
こんなの専門書見てたら脳がエクスプロージョンするし。

「21世紀の資本」も、「マンガでわかるシリーズ」が出てて、
翻訳者自身が監修している(!?)だけに評判がいいらしい。

マリンアクアの場合、難易度が高いのも衰退の一因。
誰か、「マンガでわかるマリンアクア」とか書いてくれんかね?


私のリアルお仕事は、アクア業界とは無縁なんで、
誰か、もー少し盛り上げてみてはくれまいか?

さて、どーでもいい前置きが超長くなったところで、やっと本題。



アイコンしくしくさまようシライトイソギンの復調に努めてみた。

入れてしばらく好調を維持してきたシライトイソギンチャク。

ところが、ある日突然岩から剥離して水槽内を転げまわり
それ以降、すっかり衰退してしまった。

そして、何度も元の位置に戻してやるものの…

どうも足盤の吸着力が弱ているせいか固定できんらしい。
仕方ないので凹型の岩を置き、その上にのせてみることにした。



イソギン足場を作る。
イソギン足場を作ってみた_co_co


イソギンON! 縮んでしまった家にとまどうタマとポチ。
イソギン足場とタマポチ_co_co


先月の好調だったころ。 見掛けの大きさは現在の倍ほどあったのだが…。
1604ソメワケとシライト02_co

今のところ、小康状態を保っているようだけど、相変わらず
さまよっているので、活着はしておらず復調は難しそう。
せっかくの凹岩もイマイチ役に立たんもよう。


以前、2度ほどシライトを飼ったとき(※)にはこんなことで
困った記憶はなかったのだが、やはり低栄養塩すぎるのか、
褐虫藻が足らんのか…?

(※このときは90cmの非OF・スキマーなしの時代)



結局レイアウトは戻したよ。
160425イソギン足場設置前_co

とにかく原因がよーわからんので、「シライトの権威maaat博士(アクア廃人会所属)」
に質問してみたら…

「正確な原因確定は難しいが、『キレイな白色』=『褐虫藻不足』=『弱い』のでは?」
とのこと。 


それにしても、あれほど好調だった個体が・・・
さぁ、困ったぞ?

誰か、「マンガでわかるシライトイソギンチャク飼育」も書いてくれんかね?


●どうなるタマほーむ

にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

真夜中にBPリアクター改装してみた。

世間は、いよいよGW。

ウチの辺りって、普段ムダにクルマが混んでるけど、
いやー地元の道、空いてて気分いいわー。



ダメアク会 アイコン5050ダメアクれぽーと

2016春の各アニメも4話くらいになってきた。

いつもこのくらいで●RECを継続するかどうか決めるんだけど、
今期は思いのほか面白いのが多い。


【ランクS】
・甲鉄城のカバネリ…無名たんとEGOISTのOP最高。(;´Д`)
・迷家-マヨイガ-……展開が気になる。 安定の水島作品。

【ランクA】
・くまみこ……………しまむら大好き巫女。 くま~んw
・Re ゼロからはじめる異世界生活……金髪ドリルロリw

他にもあるけど、Bランク以下は省略。



カバネリの無名、大人気だね。
mumei_co.jpg

「進撃」にどれくらい迫れるかな?

なんといっても劇場版のような作画が圧巻。( ̄□ ̄;)
1話みて、「これは売れるなー」と思ったけど、
やっぱネットでも評価高いなぁ。



アイコン泣き顔真夜中にBPロボ改装してみた。

そういや、先日ハナビラクマノミと共に買ったものがあるのね。



これ。
トロピックマリン1L_co

そう、BPリアクターに入れるペレッツ。

うちでは「Tropic Marin製」を使用してて、500mlと1Lのものが
あるんだけど、1Lの方がかなりおトクなので、こっちを買った。

今さら言うまでもないけど、こいつを「BPリアクター」に
入れてワラワラさせると栄養塩(硝酸塩とリン酸塩など)
を減らせるというスグレモノだ♪ヽ( ´∀`)ノ


あ、そーいや最近知ったんだけど…
これ、なにやら悪い菌を殖やすリスクがあるとかなんとか
っつー噂があるとか?

別にBPを推すわけではないが、私は上記の説には懐疑的。
もちろん都合のいい菌ばかり殖えるわけではないだろうけどね。

病気の素になる、いわゆる悪玉菌は、どのような水槽にも
普遍的に存在しているわけで、それが顕在化するか否かは、
主に生体の免疫力低下が主因だと考えている。

実際、どんな菌がどれだけ殖えるかなんて計測する術はないが、
少なくとも私の経験則で問題を感じたことはないし、もしそれが
生体に致命的な影響を及ぼすならとっくに全滅しているハズ。



これが25式BP魂ロボ(2次改装時)
25式BP魂2014

当初、上の画像のように頭部の排水パイプでウールマットへ
戻していたが、3次改装のときにパイプを撤去して、
黄色と赤のフタの間に直接ウールマットを仕込んでいる。



ちなみにこれは今までの改装歴
BP改装変換図1から3_co

前回も少し書いたけど、うちのようにやたら魚が多いのに
ミドリイシも入れようという水槽に向いている。

その気になれば、栄養塩を0にできる自信はあるが…
(実際の計測最少値は、NO3が0mg/l・PO4で0.02mg/l)

現在はソフトコーラルに加え、イソギンチャクもいるので
意図的にNo3を0.5前後、PO4は0.2~0.3mg/l位になるよう
調整しているが、イソギンには貧栄養塩に過ぎる気がする。

そんなワケで、
イソギン・ソフトコーラル・SPSが共存できる妥協点(栄養塩値)の
見極めが今後の「おさすい」の課題かも?


で・・・

この通称「BPロボ」内のペレットが、かなり減ってきていたので、
今回は、この容器の青いフタに2杯分ほど追加してみたのね。

ところがこのペレッツは結構重く、今までイイ感じにワラワラ
してた動きが追加後に、ほぼ完全に止まってしまった。

ちなみにポンプは「マキシJET700」。


実は、これに気づいたとき夜中の3時
メンドウなのと眠さで放置したかったが…

私は決してマメな性格ではないけど、
一旦気になりだすと、ソレが超絶気になるAB型。

万一、これが原因で後悔するのもイヤだし、
仕方なく、この時刻にポンプを交換することにした。(;´`)

ごそごそと使えそうな、代替ポンプを探した結果…


隊長!「RIO2500」を発見しました!(`・ω・´)ゞ
・・・・なんて独りごと逝って喜んでる場合じゃねーしw。



今回(4次改装)の変更部分。
BP改装変換図4次_co_co

しかしコレ、パワーが強すぎて入水側のホースはふっ飛ぶは、
ポンプ自体が重くてホースの長さが合ってないからグラグラして
不安定な上に振動音もパネぇ…


アイコンしくしく「…ダメだこりゃ」


そこで応急措置ではなく本格的に、ろ過槽から装置一式を
引き上げ、本格修理へ。  あーもぅ超メンドウ… (´;ω;`)。

まず台座を撤去し、ホースを切って高さをしっかり合わせ、
接合部分をタイタップでしっかり止めて、ポンプの下には
振動防止のスポンジをセットした。

ところで、この台座は何かっていうとね、
単にハンドバルブが水没すると調整するとき手が濡れて
イヤだとゆー理由で嵩上げしていたモノ。

撤去に伴い、バルブは水没したが、頻繁に調整するもの
じゃないし、重心を下げないとバランスが悪くて転倒したり
振動(ビビリ音)の原因にもなるから、あきらめて撤去。

こうして再度設置してみたら、意外なことにフルスロットルでも
ちょうどいい位で、ペレッツの量によって必要なパワーは
えらく違うということを再認識した。

「ふぅ、これでやっと眠れる」と思いきや…
外はとっくに明るくなってたよ。 d(゚∀゚d)



作業が終わってやれやれな朝の一枚。 160425全景_co

今回は250ml位に減ってたペレッツを100mlほど増やした
のだけど、毎度のことながらペレッツを追加すると、スキマー
の泡が3日ほど上がらなくなる。 追加は慎重に。( ‘ ∀‘)b


あと、余談だけど・・・・

ボールバルブには2種類あって、内部の弁がプラ製のものと
鋼製のものがあるから必ずプラ製を。

専門店で買ったものは大丈夫だと思うけど、ホムセンに
鋼製のものが置いてあるから中をよ~く覗いて確認してね。
海水で使用したらとんでもないことになるよ?(たぶん)

まぁ、私は試したことないから実際どーなるかわからんけど。



●最近、朝5時くらいから明るくなるんだね?


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

オニイソメのヌシ様に貢いでみた。

最近やたら忙しく、4月はお花見どころではなく、
気づいた頃には、ほとんど散っていた。

なにやら侘しい…あくあ12です。


さて、うちのハナビラ共はまだ散っていませんが、
ハナビラクマノミネタも、もうそろそろ飽きられて
きたような気がするんで、今回は違うお話でも。


そういえばソメワケはカンペキに人工餌に餌付き、
超絶元気なのだけど、最近シマの姿が・・・?


「・・・・・・・・・・・散ったかな?(小声)


まぁ、あまり深く考えるのはよそう。



ソメワケは元気。 1604ソメワケとシライト_co

120cm水槽でスズメダイが60匹もいると、ヤッコの
餌付けが非常に難しい。

しかし元気なこの個体は、サンゴを喰って生き延び、
人工餌も食べるようになった。


とはいえ、水面に撒くだけでは他の魚たちに奪われて
しまうので、スポイトでピンポイント給餌していたが、
最近ようやくスズメダイの群れに混ざり、水面近くまで
エサを求めて浮上するようになった。


160424全景_co

それにしてもスズメダイのエサ取りの早いこと。
争奪戦に参加しているものの、やはりヤッコはエサの
取り方がヘタで目の前のご馳走を掠め取られている。

なので、まだまだスポイトの給餌が必要なようだ。



こういった事情で、必然的にどんどん給餌量は増える
わけだが、ミドリイシも同居する水槽でこれだけエサを
ばら撒いていると、怖いのが水質の悪化。
しかもイソギンも入れてしまったし・・・

でも、ヤッコのようにエサ取りがスローなのを入れると
どーしても給餌量は減らせない。


じゃあ、ヤッコだけにしてスズメダイを減らす?
でもスズメダイって数がいないと見栄えしないし…。

そこでこの解決案こそがBPリアクターなのだけど、
この話はまた次回に。



アイコン泣き顔 4月20日(水) ヌシ様に貢いでみた。


ところで・・・
うちのヌシ様こと、オニイソメまだいるんっすよ♪

いいかげん誰か欲しい人いない?
このままじゃ、3mになっちゃうよ?(;´`)


ヌシ様01_co

ヌシ様02_co

ヌシ様03_co

ヌシ様04_co

ヌシ様05_co


こんなの個人で飼育している人って、もしかしてぇ、
日本で、(いや世界で?)私だけのような気がするんだ。


さぁ、さぁ!!ヽ(゜∀゜)ノ
日本…いや世界唯一の勇気と栄冠を手にしたい方
は、いませんか♪


これ、ウチに来る人に、
見せびらかせて、驚くのをみるのが楽しかったのに、
最近は一通り見せてしまったせいか、誰も驚いて
くれなくなってしまったのだ。 ( `Д´)ノ ツマンネェ!

エサも、1週間に一度クリルでOK!
お店じゃ売ってないから入手困難! 希少だよ?

しかも、とっても丈夫でECOな生き物なんだ。
大きさは、1.5m~2mくらい…かな?(測ったことないが、動画はこちら参照


神募集_compressed

※意図的に殺しちゃう人はNG。 (by/神○ちJK)



※現在、募集は終了しました。 事情は後日に。<(_ _)>
ご応募いただいた方、すみません。

●コワくてヌシ様のいる第三ろ過槽に手を入れられない。(´・ω・`)


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

新しいシライトイソギンチャク追加してみた。

みなさま、こんばんわ。

最近の物価高騰にうんざり。
あくあ12です。



アイコンしくしく塩が高いよ!塩が!!

物価高といえば・・・
最近、塩がお高くなったよねぇ…(;´`)

あ、言うまでもないけど、「食塩」じゃなくて
「人工海水」ね。

この価格高騰って、円安による一時的なものかと
思ってたんだけど最近は、すっかり高値安定。

どうやら原油と違い、卸値自体が高止まりして
いるらしい。

そーいや4月から、食塩も上がったんだっけ?
人工海水の値上りと、なんか関連あるのかな?


・・ところで、

うちの塩は相変わらず「インスタントオーシャン」
ご存知、世界のベストセラーだけにコスパがいい。

低価格もさることながら、実際水質検査しても、
Caがやや低く、KHがやや高めだが、組成の
バランスはいいと思うし、実際ミドリイシでも、
特に問題を感じた事はない。

そもそも欧米(硬水)での使用が前提だから、
日本の軟水で溶くと結果的に、前述したように
なるのだろうね。 (たぶん。)

でも、低Caはリアクターがあれば、たいして気に
ならないし、極端な大量換水換(全量換水)とか
しなければKHもたいして変動しない。


…あ、別にメーカーから、何かもらってるワケじゃ
ないけどね。

マンガ人工海水_co

しかし、これでまた来年消費税が上がったら、
更に値上り・・・・?

残念ながら人工海水に低減税率が適用される
という話は聞かない。・・・・orz

マリンアクアやっている国会議員はいないのか!?( `Д´)ノ


・・・・・そうだ!
「増税前に”まとめ買い”すればいんじゃね?」

私ってばアタマイイー! (*ノω・*)テヘ


…って、
あんな重くて、がさばるもん、
まとめ買いできるわけねーだろ!!
オリャ! ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵

あー、困ったもんだ。



アイコンえへへ 4月2日(土) 新居を購入してみた。

さて、朝になると追い出されては、水槽端のディスクへ
通勤を繰り返すタマこと『タマリーマン』。


これを見て、さすがに気の毒になった、
心優しい私は、しかたなく 新たな家をプレゼント
することにしました。


今度は、自分の目でみて買おうと、久々にお店に
行き、店員さんに相談しながら活きのいい物件を
選んでもらった。

小さいと、また争いそうなので、今度は少し大きめな
直径15cm位の個体を購入。

なるべく水から出さないように水槽にポチャン。
(イソギンは空気に触れさせないのが基本。)



その結果…めでたくポチ&タマコンビ復活?(上がポチ、下がタマ)
復活ポチタマコンビ_co

多少の小競り合いこそあるが、大きな新居で隠れる
ところが増え、なんとかタマも追い出されることなく、
同居できるようになった。

やっぱりクマノミは同居してないと絵にならない。



こちらをみてお礼を言うタマ。(下)
ポチタマ復活?_co

今回の個体は、一発で岩の根元にひっついたので、
入れて間もなく強めの水流を当てみても大丈夫だった。

2週間たった今でも、コロコロしてしまい固定しない、
前回の個体とは違い、かなり状態がいい。



新居と旧宅。
新居と旧宅_co

ご覧のように、かなり大きさにも差がある。

しかし”別荘”としてタマが夜間に利用してたりする
ので、とろけるのに警戒しつつ、そのまま置いてる。



夜間、別荘で寝るタマ。
夜間のタマ_co

この別荘、ご覧のように夜間になると、
やや持ち直しているような気がする。

ここから完全復活するのはやや難しい気もするが
とりあえず、この「タマホーム弐番館」
にも、なんとか頑張って欲しい。



4/7の状態。 回復するかな??
タマとポチ_co

あとは、このシライトが、この貧栄養塩環境の
ミドリイシメイン(?)の水槽で長期間維持できる
かどうかが課題なのだが・・・


この件についての詳細は、また次回以降に。


●とりあえず、めでたし、めでたし?


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

通勤を繰り返すクマノミに同情してみた。

こんばんわ、みなさん。

さて、「タマ&ポチ」シリーズも第3回目。

前回、シリキの攻撃で危機に瀕していたこの2匹を
豪腕ネッタイスズメが救い、シリキ組を撃退。


「やれやれ、これで一安心♪」

これからは穏やかな暮らしが待っている♪
・・・と、思われたが------

----------------
-----------
------


アイコン笑顔 3月28日 新顔入りました♪

さて、その前に…

実は、タマポチシリーズ書いててタイミングを
逃していたんだけど…ここで新入りのご紹介。



ニューフェイス(1) ソメワケヤッコ
ソメワケ1604_co

おさすいでは、毎度おなじみの「ソメワケさん」。
今回の個体は、とにかくやたら調子がいい。

今まで何度も入れたけど元気さは1・2を争うレベル。
大きさはスズメダイにいじめられないよう、やや大きめ。
もちろん1週間経った今も人工餌は食べない。

・・・・でも、しっかりサンゴに餌付いてます。(しくしく)

ハッキリ言って、今回はいける!
やっぱり飼育法云々以前に、元気な個体選びが重要だ。



ニューフェイス(2) シマヤッコ
シマヤッコ_co
これは、あまり自信なかったけど…

なんかお店で見ていても、調子がいいのか悪いのか
イマイチわからない。

ソメワケは何度も飼っているから本来の動きを知って
いるものの、シマは初めてだけに「?」な感じ。

でも、お安かったんで思い切って買ってみた。


案の定、水槽に入れてからもじっとしてあまり動かない。
それでも元気なソメワケを、はね退ける強さはあるが。

心配していた他の魚との相性は問題ない。
…でもたぶん調子はイマイチ??
なんかやる気なさそう。


アイコン泣き顔 3月31日 タマ家出する。

さて…

今まで苦楽を共にし、やっと平穏な生活を
手に入れたと思われたポチ&タマ

だが、こーなったら、こーなったで、
今度はポチがタマをジャマにし始めた。

抗争の次は内乱?

小さいシライトイソギンチャクだけに
2匹じゃ狭いらしい。


それに、このシライト…

来たときから調子がいまいちだったが、
水槽に入れてからも、なにやら口から吐いているし、
日を追うごとに調子が悪くなっていく。

で、とーとーこんなふうになってしまった。



まるで空気を抜いたアレ。
しぼんだシライト_co

まさかの盟友の裏切りにより、
三行半を突きつけられたタマ。

この狭い家…というか布団?から、
完全に占め出されてしまうのであった。


そして…

独り、タマの流浪の旅が始まった。
シリキの攻撃を受け、ヨスジに脅され、
水流にもまれ・・・



さすらいの冒険者タマの旅路
タマの旅路_co

やがて、
流浪の果てにたどり着いたのが…



これだ。
ディスクタマの新居_co

・・・まぁ、何気に、
「ハタゴイソギンチャク」っぽい気もしないでもない。



タマ「な~に”住めば都”というじゃないか♪」
タマの新居 (2)_co
「タマホーム最高! わ~っはっはっ!」




タマ「うーむ快適、快適♪」
タマの新居 (3)_co

あくあ12 「もしもし、タマさん?」



タマ 「…ん? 何か段々狭くなってきたよーな?」
タマの新居 (1)_co

あくあ12 「あんた食われますぜ?」

タマ 「いゃぁぁぁああああああ~!!」


タマは「タマホーム」内に住むのを
あきらめ、ディスクの根元に居つく
ようになりました。

まぁ、油断していると喰われかねない家なんて
住めんわな。 どんな「訳あり物件」だよ。



アイコン「?」 4月01日 タマ家にもどる。

そんなこんなで引っ越し先に定住したと
思われていたタマ。

しかし、この日の朝、照明をつけてみたところ、
ディスク周辺にタマの姿がありません。


あくあ12 「おいおい…まさか呑まれたんじゃなかろーな?」


しかし、シライトをみると…
そこには、ちゃんとポチとタマが揃っていた。

どーやら夜間に、コッソリ帰宅しイソギン布団に
潜りこんだもよう。

しかし、照明をつけてしばらくたつと、再びタマを
追い出すポチ。

しばらく小競り合いが続いたが、昨日同様、
再びタマは旅立ち、デイスクに移動していく
のであった。


・・・・うーむ。
なにやら気の毒な。



アイコン泣き顔 4月01日 タマリーマン?

この日の朝・・・・

やはり昨夜のうちに、タマはイソギンに帰宅してる。

しかし・・・
これまた、照明をつけたらポチに追い出され、
再びディスクへ移動。



まるで、毎朝奥さんに急かされて、
「株式会社デイスク」へ遠距離通勤する
会社員のようである。

こうして、「さすらいの冒険者」タマは・・・

サラリーマンにジョブチェンジしたのでした。


----つづく----


●タマリーマンを応援してあげてね。(*ノω・*)b


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

ハナビラクマノミvsシリキ組の闘争勃発にハラハラしてみた。

ばっくれつ、ばっくれつ♪
こんばんわ、あくあ12なのです。


さて、その後の「ハナビラ一行」ですが…。
まず、ハナビラ「A」が・・・

…というのも、なんか味気ないですね。


ここは、やはりテキトーに名前をつけて
呼ぶことにしましょう。


実は、この2匹、大きさがよく似ていて個体の見分けが
つかないが、よ~くみると一方は若干体色のピンクが
濃く、もう一方はやや白っぽい感じ。


・・・・なので、


・桃色っぽいのを 「ポチ」
・白っぽいほうを 「タマ」



左がタマ、右がポチ
ハナビラクマノミ2匹_co

と呼ぶことにしましょう。
・・・え、色と関係ない?


ですよね~w



なお、ハナビラクマノミも、他のクマノミ類と同様、
雄性先熟型の雌雄同体なので、大きさが同じと
いうことは同性なんでしょう。


つまり早く大きくなった方がメスになるというわけです。



アイコンぐぬぬ 3月29日(日) 仁義なきおさすい

さて前回、「クマノミレーダー」で無事イソギンにまで
たどり着いた、「ポチとタマ」ですが、ここで厳しい
試練にさらされます。


…というのも、
私があのイソギンを置いた場所ね、水槽左側の島に
巣食っている「シリキ一家」の出入り口なのね。

しかも、前回書いたように、イソギンが水流でふっ飛ばされ
ないように一部の岩組みを変えてしまった。

スズメダイって、レイアウトを変えると自分の縄張り空間
が変化するせいか、新領地確保に向けた
戦いが再発してしまうんだけど…



出入り口周辺の図
スズメダイ出入り口_co

さらに今回は玄関先にいつの間にかイソギンまで置かれて
しまったわけで、案の定「シリキ一家」は大激怒。

その怒りは、いつもの身内同士の縄張り争いより
イソギン&タマポチに向けられたようです。


「誰に断ってここに居座ってんじゃ、コラァ!!!」
「どかんかいワレェ!!!」
「いてまうどボケェ!」



…とばかりにポチ&タマに総攻撃を仕掛けます。


ポチとタマはビビリながらイソギンに篭城。

さすがのシリキ組もイソギンには手を出せず、
周囲を包囲しつつも攻撃は、ままならないようす。

しかしシリキ組は威勢のいい鉄砲d若い衆が、
なんとか立ち退かせようとして、ポチタマが少しでも
イソギンからはみ出る一瞬を狙って急降下攻撃したり、
尻尾を使ってイソギンをどけようとしたり…


シリキ組攻撃の図


このように、あの手この手を駆使して、
懸命に嫌がらせを繰り返し、まるで地上げy
…事態はスリリングな展開に。


まさに”生命の危機を迎えた”といっても過言では
ないといったこの状況。

…とはいえ、この2匹の対抗策ときたら、

相変わらずイソギンで「もふもふ」しているだけなので
危機感も悲壮感もイマイチ感じられないのだった。



さぁどーなる?
ポチとタマ絶体絶命・・・!?



アイコン泣き顔 3月30日(月) 用心棒先生登場

…しかし、ここでポチタマに意外な援軍が現れる。


それは、「ネッタイ組の親分」。

  うちの水槽で一番強いのは、この巨大なネッタイの親玉と、
ヨスジの親玉。
このツートップに逆らうものはいない。


用心棒先生(大きいのでヘラルドヤッコみたい)
クマノミとネッタイ_co

この豪腕、凄腕のネッタイ親分が、なぜかイソギン
(タマとポチ)の用心棒として護衛を始めた。


最初は偶然のように考えていたが…

ネッタイ自身はイソギンやポチタマには手を出さず、
常にイソギン上を哨戒し、シリキ攻撃隊が来ると、
その都度撃退している。


「そんなバカな・・・・」

って思うでしょ?

いや、でもホントなんだな、これが。
毎日、というか常に、このガードは続いているので
偶然ではない。



水槽全体と警護中のネッタイ先生(イソギン右上を哨戒中)
水槽全景160330_co

ところで、このネッタイ先生といえば…

穴は掘るし、新人いじめはキツイわで、
近いうち、一本釣りしてリストラしようと思っていたのに、
弱気を助ける正義の用心棒に?



・・・なんていうのは人間の勝手な解釈で、
単に、この一帯を縄張りとするネッタイが、
目障りなシリキを排除しているのだろうけどね。

でも、結果的にタマ&ポチの負担はかなり
減って助かっているのは事実。


ちなみにデバ、ネッタイ、ヨスジ、ルリたちは
クマノミには無関心で、シリキだけが攻撃している。

これも、たまたま縄張りの問題なのだろうが。


さ~て次回のおさすいは・・・

「タマ家出する」
「タマ家に戻る」
「新メンバー発表」

の3本です。(たぶん)

あー、いままでのネタ不足がウソのよう・・
ウェヒヒ♪ (cv:悠木 碧)


●さらに、つづくっ!


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

ハナビラクマノミとシライト入れてみた

こんばんわ。

ヤッコが突然死して、主役不在の我が「おさすい」。

その後継者選びだが……
どうにも入れたい魚がない。



なにせ、巨大化&凶悪化したスズメダイの群れに
突っ込むとなると、小型ヤッコじゃあまりにキケン。

そこで、候補になったのは、
「イナズマヤッコ」 「ホシソラヤッコ」
「タテジマキンチャクダイ」の3種。

しかし、イナズマはどうしてもというほどではないし、
タテキンは華やかでイイが、やや巨大すぎる。

そんなワケでホシゾラを「本命」にしていたのだが、
コレ、動画サイトで見たら確かにキレイなんだけど、
イマイチ主役というには、渋すぎる気がした。


決め手にかける_co

・・・・で、考えたんだけどね、

要は、スズメダイの攻撃を防げればいいわけで、
その術は、別に身体の大きさだけとは限らない。




・・・・そう、例えばイソギンチャクとか。

そういや以前、maaatさんのイソギン水槽をみて、
「久々にクマノミもいいなぁ」と思っていたし。


さて…

まずはイソギン選びだが、移動と増殖しまくる
サンゴイソギンは以前懲りているからパス。



こんなふうに、トコロかまわずフリーダムに移動してたからね。(過去画像)
サンゴイソギン逃走経路

ここはやっぱり比較的移動も少なく、
私の好きなシライトで。


次にクマノミだが…

カクレクマノミはシライトにはなかなか入らないし、
並クマは巨大化して、砂を”エクスプロージョン”
するから絶対パス。


ここは、「ハナビラクマノミ」
しか、ないのでは…??


そこで、チャームを覗いてみると・・・
なんと!

「ハナビラクマノミ(2匹)+シライトセット」が、特売!?

セールに弱い_compressed

ええ、もちろん0.5秒でカートに突っ込みましたとも。



ん?…そーいや、
「この低栄養塩な水槽でイソギン大丈夫か?」

と、押した後に気づいたが、
…その疑念は脳の片隅に押しやることにしたのだった。



アイコンぐぬぬ3月26日 クマノミ迷子になる?

この日の午前中に到着したクマノミご一行。
早速イソギンとクマノミを水槽に入れたのだが、
ここで予想外のことが・・・・

最初に、光が強めな「あくあの塔」中央付近に置いた
シライトイソギンチャクだが、ここは、水流が強すぎて、
水槽内をゴロゴロと周回してしまい、お話にならない。

…まるで洗濯機w


そこで、ポンプを1台停め、水槽左側の水流が一番弱い
(光も弱い)ところに配置。

クマノミとイソギン配置_co

このため、一部左側の島のレイアウトを変更したが、
このせいで後日、一騒動起きることになる。


一方、ハナビラクマノミたちはというと…

なぜか、イソギンとは逆の水槽の右側に来てしまい、
左側に移動しようとすると、他のスズメダイから
一斉攻撃を受けている。


・・・・うわ。 やべぇ (;´△`)


しかし、広い海の中で、クマノミがイソギンに入って
いるということは、それなりの探知能力が備わってるはず。

「そのうち、クマノミの本能でイソギンにたどり着いて
くれるだろう(?)」


…と、勝手に、期待するしかない。

極めてよろしくない事態だが、こんなときは照明を
落としてしまうに限る。



アイコンえへへクマノミご一行様、その後

翌朝、心配しながら水槽を覗いてみると・・・

クマノミご一行様は、他の魚が寝静まった夜間に、
しっかりイソギンに、たどり着いていたのだった。


おはよー、おはよー♪
ハナビラとシライトイソギン_co


アイコンあせりアイコン黒いの_compressedおお!! すっげーぜ! 本能っ!!!!

この光景をみて、マジ感動。
そして心からホッとしたあくあ12なのでした。

●つづくっ!


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

PH7.4にビビッてみた。

アイコン「?」3月11日(金)

この日のさいたまは朝から曇天(&雨)

私、この日以来、どうもカゼをひいたようです。
なぜかというと・・・


それは、
『水槽のPHが下がったから。』


「なに、それ?」
…と、お思いでしょう?


と、いうのはね・・・・


----------
------
---

当日朝。

「はぅぅ・・・寒い。」


ふと事務所の石油ストーブをみると
まだ灯油が満タンに近い状態。

3月も中旬、どうせ、この先ストーブを
使う機会は少ない。

「ここで、余っている灯油を使いきってしまおう。」

そう考えた私は始業時間の朝9:30から、
ガンガンストーブをつけたのだった。
(普段は電気で暖房)


今日は、出かける予定も来客予定もない。
もくもくと実務に集中…

そして7時間後…。
仕事をしながら、気がつけば16時。


「ハラへったな・・・」


「そういえば魚にエサやってないや」
と思い、水槽の前に立つ私。


ふと、PH計に目をやったところ、そこには
かつてない数値が表示されとった。


・・・・・・「PH7.4!?」


えっ?Σ( ̄□ ̄;)


そういや、閉め切ったまま換気をしてなかった。


ちなみに、北側の玄関横が事務所。

水槽は南側のリビングなので、ストーブと水槽は
かなり離れており水槽の総水量は400L。

閉め切ったとはいえ、こんな影響が出るなんて
思いもしなかった。



「?」・・・

そういえば、なんか息苦しいぞ?(パクパク)


この石油ストーブ、確かに火力は強いが
それでも9畳用。

全室を開放した計30畳分もの空間で、
こんな影響が出るものか・・?



 「フジカハイペット KSP-229-21C」
フジカハイペット_c


このストーブ、小さくて持ち運びが便利で、
煮炊きもでき、クラシカルなデザインも私好み。

以前、アウトドア用(天体観測やダイビング用)
に買ったが、普段あまり使ってない。

現在、生産していない型だが、なぜかファン(!?)が
多いらしく、プレミアがついているとか…?

しかもグレーは、ほとんどなく、オクに出せば、
中古でも結構いい値がつくらしい。


アイコン泣き顔…うーむ、世の中、
いろんなヲタがいるもんだね?


話を戻して、PH7.4になったことに気づいた
私は、あわてて全部の窓、玄関ドアを開放。

幸いなことに風が強く、部屋中全部の窓や
ドアを開放すると、すごく冷たい外気が、
すごい勢いで入ってきた。



アイコンまずい・・・・・・「ふぇぇ、寒いよぅ」



・・・開放約4分後、PH7.5

・・・開放約15分後、PH7.6


照明冷却用のサーキュレーターもあるからか、
思ったより、急速に回復していく。



サーキュレーター サーキュレーター_c

結局、30分ほど開放したが、
もぅ寒くてたまらんので全部閉めた。

この時点でPH7.7。


こうしてPHは上がったが、室温はダダ下がり。
一体、何のために1日暖房した?


しかし…
いくら寒くてももうストーブはつけれらない。


・・・なんか意味ないじゃん?


その後、0時ころには、いつもの
(消灯時の通常値)7.9を回復。



夜中には回復
FUKUUROW79_c.jpg
翌日、照明をつけた後は、いつもの8.2に。



特に変化はないようだ。(水槽側面から)
160314側面から_co_c

160311全景_c

恒常的にPh7.4じゃヤバイというのは予想がつくが、
短時間ならこのくらいの変化は特に影響はないようだ。

それにしても・・・・・・・

PH計、校正してないけど、ちゃんと機能してたもよう。
毎日同じ数値変化だからよくわからなかったけど。

※通常は昼間8.2(または8.1)~夜間7.9



ともあれ、PH計の動作確認と共に、
水槽も事なきを得たが・・・



アイコンどんびき_c私はカゼをひいたというワケ。


これを読んでいる方の中には、
PH計をつけていない人もいると思うけど…


暖房器具には要注意DEATH。


・・・って、
もう季節的に遅いよねw(*ノω・*)テヘ


●水槽の主役(魚)何にしようかなぁ。


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

「おさすい極秘事項」告白してみた。

アイコン泣き顔やふー知恵袋!?

最近、「逆アクセスランキング」で「YAHOO知恵袋」から
来る人がいるので、不思議に思ってクリックしたら・・・


「サンゴとイソギンチャクの共生」とかで、「おさすい」の
記事が引用されておった。

引用されるのは、全然かまわないのだけれど、
質問した人って「おさすい」参照して、
果たして参考になったんだろうか??(不安)


もちろん回答者は私ではないが・・・

なんか気になるよね。 (*ノω・*)テヘ




ところで、

人の悩みに興味などなく、また未知の人に悩みをWebで
相談しようと思ったことがない私は、普段「知恵袋」とか
見ないけど・・・


「知恵袋」で、海水水槽の質問があるなんて、
思いもしなかった。

なんかもっと、こぅドロドロ~っとした悩み
ばっかなのかと。


うーん、私は無縁だなぁ・・・ドロドロw



アイコンしくしく諸行無常の鐘が連打する?

昨年からミドリイシは1つとして溶けず、
さらに魚も死なない、我が「おさすい」。


とーとー私も、
『この道を極めてしまったか…』

もしかして…

モノホンの海すら越えてしまったのでわ?



…と、

もぅ、私の高笑いは止まりませんっ! 
ウェヒヒ! (cv:悠木 碧)



--------------
----------
-----

しかしそんな中、事件は突然やってきた。


なんと3月某日、ソメワケ死亡。

「あれ?」

そ、そんなバカな?
こ、この私に限ってそんなワケがっ!?


さらに、その数日後・・・


なんとチェルブ死亡!!?

このチェルブ、すでに数年を経て、すっかり
この水槽にもなじみ、前の晩まで絶好調。

水槽内における序列も高く、凶悪スズメも、
手を出さなければ自分からケンカもしない。

全く何の異常もなく泳ぎ回っていたとゆーのに、
朝起きたら横倒しになって既にコト切れてました。



「・・・はぁ???」



不思議なことに外傷はもちろん、まるで生きている
かのようなイロツヤで妙にキレイなご遺体。


「・・・・ハテ? なぜだ!?」


うーん、うーん、うーん…
ダメだ! いくら考えても原因がわーらん。

さらに、さらに、それから数日後。
今度はデバが3日連続で計5匹死亡。


これは、もぅ・・・
誰かに呪いをかけられたとしか思えん。

はよ「暦お兄ちゃん」に相談せねば。



それにしても…こんなこと、

とてもブログには書けやしない。


ぐぬぬ・・・・




そうだっ!隠蔽しよう!!そーしよう♪

このようなワケで今まで黙ってましたが、
前々回あたりの記事画像をみると、
ソメワケとチェルブは既にいません。




------------
-----
---

数日後


「Pinpo~n!」
・・・ん? 誰だ?


そこには、アル中 お仕事仲間の「T」氏。
そして、いつものように水槽を覗いている。


あくあ12 (ちっ! 間の悪い・・・)


このT氏…

かつて私が、この道にひきずりこもうとして、
なんとか水槽まで買わせたものの…

結局スズメダイで挫け、ミドリフグで妥協した人。
(現在、既に水槽は撤去したらしい。)



T氏 「ん? あの黄色と青のアレ(ソメワケ)は?」


アイコンぐぬぬ(…気づいたか) 
「・・・き、休暇とってマニラに行ってる。」


T氏 「あれ、オレンジ顔の(チェルブ)は?」


アイコン怒り (…ちっ!) 
「カリブに帰ったよっっ!! (#`Д´)ノ」


T氏 「なんだぁーしんじゃったの?


アイコン泣き顔 (うっせーな。) 
「ま、まぁ、そういうこともあるんだよ。
なんといっても、かいすいぎょはむずかしいからねっ!
みどりふぐよりも・・・」


T氏 「ふ~ん。 なんだ、キレイだったのに。」


アイコンまずい・・・ (・・・ぐぬぬ)
「・・・・かいすいぎょはむずかしぃから、
こーゆーことも、あ、あるんだよ。 はっはっ。」


T氏 「へぇ~? で、何で死んじゃったの?


アイコンしくしく(こっちが聞きてーよ! ミドリフグ野郎!)
「か・・か・・かいすいぎょは…むずかしいから…


T氏 「あれ?・・・カニ、これ生きてる?」


アイコンあせり(何いっ!?)
「いやぁぁぁぁぁぁぁ~~!!!!」



・・・・アロークラブ死亡。


もぅ死屍累々、白骨街道。
おさすい天国一転、地獄のイ○パール水槽に。

「お師匠(?)」としての威信と面目丸つぶれ。

なのはともかく…



------どーしてこーなった?-----



ともあれ、このような摩訶不思議な連続死亡事件を
経て、再び妙に巨大化したスズメダイしかいない
超☆殺風景な水槽になってしまったのよ。

160314側面から_co

またヤッコは入れたい。
入れたいけど、その前に・・・

この水槽に馴れきった、巨大凶悪スズメダイどもを
ナントカせねば。


こいつら必ず新入りを 集団リン いじめるから、
イマサラ幼魚の餌付けとか、もうね。

今、小型ヤッコなんか入れても、
生存率は限りなく低くそうだ。

かといって、

コイツらに対抗できるような、
大型のソメワケなんて、
なかなか餌付きやしない。

・・・・さぁ、こまったぞ?




そうだ! こんなときは「知恵袋」だ!

「わたしゎぁ、海水魚初心者のJKです♪
ヤッコが飼えません。(´>ω<;)エーン
原因も、ょくゎかりません。
新しぃ魚ぃれるとぉ~スズメダイがぁ超☆いじめてぇ、
こまってます。 どぅしたらぃぃですかぁ?」




とか、なんとか書いとけば・・・・



きっと、やらやさしい人が
必死に良い方法と原因をつき止めて、
この私に、親切に教えてくれるに違いないっ!!(確信)




…ウェヒヒ!!!!!
(cv:悠木 碧)





●しかし、こんなこと書いているやつの記事引用しちゃて…
マジ大丈夫だろーか?(困惑)




にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

とっておきのアクアねた書いてみた。

こんばんわ♪ あくあ12です。

この時期、私らは確定申告の時期。

毎年この時期は、なぜか忙しくばたばたするのだが、
申告期限は3/15までと決まっているため、これが気に
なって仕方ない。

けど、先日やっと終わりました。



そういえば、堀江貴文氏が・・・
「申告を自分でやるヤツは馬鹿」とか言ってたな。

言わんとするところはわからなくもないが…
私はどっちでもいいと思う。

うちは、全部法人相手で複雑じゃないし…
その企業の状況にもよるだろうし、
ひとくくりにはいえないからね。

まぁ、どーでもいっか。 こんな話。

---------
------
---


さて、新たなサンゴを購入し、再び書くこともなくなったので、
前回、入れそこなった日常絵日記シリーズから。

カラス01_co

カラス02_co

カラスって見た目で損している気がするけど、
頭イイし見てると意外と楽しそう。

なんか、あと数百万年ほど経ったらカラスの子孫が、
地球を支配しているような気もする。

恐竜が絶滅して6500万年たった現在、当時恐竜の
足下でビクビクしていたアナグマっぽい哺乳類が、
人間にまで進化し、こんなに栄えてる(らしい?)し。


現生人類の祖といわれるクロマニヨン人は約19万年前、
その前にいた、ネアンデルタール人の出現ですら、
せいぜい30万年前だから、この先何百・何千万年後が
どーなるかなど誰にもわからない。


・・・あ、そういえば鳥って恐竜の子孫だったけ。

え?、こんな話もどーでもいい?

うーむ、ごもっともw


アイコン泣き顔…あ、アクアの話ね?

わかってますよぉ~。 なんたってここは・・・
マリンアクアブログなのですからねっ! (ゝω・*)b



ちゃ~んと、最後にとっておきの
アクアネタを用意してあります!

今回はなんと”優れものアイテム”のご紹介です。




こんなの買った。
マジックハンド_c



開 封。
マジックハンド? (2)_c

これ、なんていう名前?
…マジックハンド?

水槽の高さが60cmあるから、これがないと
ちょっとしたレイアウトの崩れを直したり、水槽内の
ゴミとかが拾えないのだ。

取ろうとすると、腕をまるまる突っ込むハメになり、
その際、腕を洗うのが冷たい&寒い&メンドイ。
水質にもよくないだろうし。

そんなわけで、地味に重要アイテムなのだけど、
最近なかなか売っておらずアマゾンで購入。



先代(1本くちばしが取れた)
マジックハンド? (1)_c

いつもここが折れてしまい、これで3代目。
もう少し丈夫にできんのだろうか?



新・三代目。 なんか恐竜化石っぽい。
マジックハンド? (3)_c

どうやら、初代・二代目のような「エーハイム製」ではない パチもn らしい。
くちばしも、なんか薄い上に噛み合わせも悪い。


前の方が良かったが、まぁしゃーない。
とりあえずこれで、腕を濡らす必要はなくなったしー。


あっ、それから・・・・
海水溶くとき、かき回すのにも使えますよ~♪

・・・・・・・ねっ、すごいでしょ?



以上、とっておきのアクアネタでした~♪
ダメガミアクア_co_comp

アイコン黒いの_compressed これ、『とっておきのネタ』・・・ですか?

アイコン怒り か、書くことないんだからしょーがねーだろ。

アイコン黒いの_compressed いや、でも…これじゃタイトル詐g…

アイコン怒り うるさいな・・・・・

「---紅き黒炎、万界の王。天地の法を敷衍すれど、
我は万象ショウウンの理。崩壊破壊の別名なり。
永劫の鉄槌は我がもとに下れ・・・」



エクスプロ~~~~~ジョン!!!
エクスプロ~~~~~ジョン!!!
おわりっ!


●UFOに乗った”黒いの”は、ダ女神の命令で焼そばパンを・・・


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

新しいミドリイシ入れてみた。

こんにちわ。わが名はめぐみん!
うそうそ、あくあ12です。



もう「飽和状態」とか、言いつつ・・・・
今回は2つのミドリイシを入れてみた。


それにしても、なんというか…


アイコンしくしくようやく、マトモなネタで記事が書けて、ちょっとウレシかったりする。


じゃ今回、画像も多いことだし、
ちゃっちゃと逝きますね。




アイコン笑顔3月01日(月) 新しいミドリイシ入れてみた。

今回、お迎えしたのは2点です。


最近、よーやく暖かくなってきたし、そろそろ何か、
入れたいと思っていたところ…


えぴ兄さんがよく行ってる、アクアスタイルYOUとゆー
お店から、「29日出荷限定、うるう年30%OFFセール」
というメールが来た。


「ぬぉぉ! これは4年に一度のチャンス!?」

…ということで、サイトを覗いてみたんだけど…
これがまた、よさ気な個体があり、悩みに悩んだ。


本当は水色のスギを見てヨダレが出ていたのだが…

今回は枝系じゃなく、お皿状のモノが欲しかった。
で、更にアレコレ悩んだ挙句選んだのが、今回の2品。


それにしても送料込みであのお値段(30%OFF)・・・?
ありがたいけど、申し訳ない気もするので、感謝の気持ちも
こめて、勝手にリンクを貼ってみた。

※お店の方に頼まれたとかではありません。


「あ~、何か買い物するのひさし鰤だなぁ・・・」



な~んてワクワクしてたら、翌日、午前中に到着。
3月輸送水温_co

水温が、「21.6℃」になってるけど、この水温計は
クーラーの温度表示と較べて、いつも0.5度低いので、
前者に従えば「22.1℃」ということになる。

昨夜は寒かったし、関西~埼玉なので心配だったけど、
セフセフな水温。



そんなワケで、…

お仕事どころではなくなった
私は、
さっそくレイアウトすることに。

前日、だいたい置く場所の目安はつけておいたものの、
これだけ密集していると、実際置いてみないと、
わからない。


1つは、単に置くだけで済んだが、「あくあの塔」の中央部に
スペースを空けて置く個体は、案の定「大苦戦」したのだった。


それでは、ここで個体のご紹介を…



スリバチミドリイシ
カドエダミドリイシ(3/04修正) スリバチミドリイシ_co

これは形状が独特な「スリバチミドリイシ」カドエダミドリイシ

・・・だと思ったが、同名で検索したら「スリバチサンゴ」
ばっか出てくる。

もしかして違ったかなぁ?(←違ってたわw)
まぁいいや。


スリバチミドリイシ カドエダミドリイシ上から。 スリバチミドリイシ上から160301_co

褐色と黄色っぽい色の個体が多い中、これは褐色と、
グリーンの組み合わせ。


ちょっと光が弱いところだけど、置くところがないので、
当面はここでガマンしてもらうことに。

その代り、レイアウトはポンと置いただけで終了なので、
さっそくポリプが出てきた。

※3/04…上記で、スリバチミドリイシと書いたのですが、
カドエダミドリイシと、コメントでお教えいただきました。ヽ( ´∀`)ノ

…なので、修正させていただきますね(*ノω・*)テヘ

誤記は、教えていただけると助かります。
ありがとうございました♪

実は私、ミドリイシの名前はかなり適当なので、
騙されないようにしましょうw

・・・え?知ってた!?




・・・・さ~~て問題は次である。



ミドリイシ先端パステルイエロー(コユビ?)
160301パステルイエロー1_co

こいつを、「あくあの塔」中央部に置いたワケだが・・・・

ここは、右にコエダ、後ろにスギ、左にハイマツという
超密集地帯。

何度も置いては直し、崩れ、・・・・
「できたー!」と思たら、接触してたとか…。

そしてまた、土台からやり直して・・・・
なんとか置けるようになるまで2時間もかかってしまった。

しかも、その間、何度も他の枝とぶつけたため、
周囲のスギなどの先端がかなりヘシ折れまくった。

挫けそうになりつつ、泣きながら、なんとか完成。

さんざん、いじくられ、ぶつけまくられたせいで、
当然のごとくポリプなど出てやしないw



先端パステルイエローミドリイシ(パステルたん)
160301パステルイエロー2_co

うーん、なんか先端のイエローがもう少しパステルな
感じなんだけどなぁ・・・・(;´`)

どうも、画像では青が強いみたいで黄色が上手く出ない。


「あくあの塔」右から。
配置及び160301全景右から_co

こんな感じで配置しましたよ♪
右のが、パステルたんで、
左がスリバチさんになります。



水槽全景。
配置及び160301全景_co

欲を言えば、パステルさんは、もう少し高い位置に嵩上げ
したかったが、2時間ほど、ドツかれまくったサンゴたちが

「もぅやめて~!( ;Д;)ノ」

と、叫んでるような気がしてならないため、今回はここまで。


「あくあの塔」左から。
160301あくあの塔左_co

あぁー、肩痛い。
お仕事しなきゃ・・・あぅ。

●久々に、まともEND。(`・ω・´)ゞ


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

侵略!ウスコモン娘

こんばんわ、あくあ12です。

先日、お取引先の、とある貿易会社の社長との
会話・・・・・・


社  長 「そういえば、コーヒーお好きでしたよね?」

あくあ12 「は・・・? ええ。」
※私は、アルコール&カフェイン中毒

社  長 「いつもお世話になっているので少しいる?」

あくあ12 「そうですか? じゃお願いします。」


少しキターーーーー!!!www コーヒー1 (1)

あくあ12 「あ、あのー、なんか箱でブツがきたよ?」

社  長 「1年分くらいあるでしょw?」


画像の小さな小箱が1,620円(税込)×45箱。

こーして、(ちょっと訳ありだが)”末端価格¥72,900”の
高級インスタントコーヒー(黒い粉)を入手したのだった。

置き場所に困るので、コーヒー好きな人がいたら、
おすそ分けしようと思たが・・・・

まだ、正式販売ではないらしいので、私が勝手に配布
してはイカンような気がしないでもない・・・

訳を話して許可をもらうにしても・・・・・
このブログのことなど、とても言えない。(´・ω・`)


うーむ。



アイコンしくしく侵略!ウスコモン


2月20日 水槽全景(「あくあの塔」斜め左上から)
水槽全景160205 (2)_co

エダコモンに、キイロサンゴハゼがいる。
現在、2匹が残っていて、仲は・・・・

あまり良くないもよう。

もう1匹、アカテンコバンもいるけど、コイツは、
見事に保護色すぎて、どこにいるかわからない。
しかし、エサのときには、どっからともなく現れる。

これはキイロサンゴハゼより丈夫(飼い易い)と思う。


ところで、
前々回、各サンゴが成長し、あちこちで接触してしまって
いると書いたが、このエダコモンとウスコモンも然り・・・・



サンゴの接触(画像中央付近でエダコモンが呑まれる)
エダコモンとウスコモン接触

このウスコモンは、ひさ坊さんからのいただきもの。

巨大化するにつれ、他のミドリイシを
どんどん侵略中である。

成長の早い、ウスコモンを上の方に持ってくると、
このような弊害があると気づいたが・・・・

時、既に遅し(´・ω・`)


こうなっては、おいそれと移動もできんし・・・なすすべなし。
これも自然の中の淘汰なので、あきらめることにする。



ウスコモンって、比較的底の方に置く人が多いと思うけど、
これを一度、頂上に持って来たかったのだが・・・・。

・・・どーやら、成長の早さを甘くみすぎてたよーだ。


ちなみに、コレが昨年、2015年3月の同個体。 ウスコモンB_c

ちなみに、このウスコモンは「あくあの塔」の頂上付近で、
複雑な水流が、結構モロにあたっている。


現在2016年2月(上画像から約1年弱後)の撮影。
ウスコモングリーン1602

水換え作業中に撮影したため、水位は低下している状態。

なにやら、エッジがピンクになり、小皿が増えたもよう・・・・。
横幅は、現在29cm。

画像でも見えるけど、日中、サンゴに入らないデバスズメが、
このお皿の中に入って、ちょくちょく休んだりしている。


しかし、一方、成長が遅いウスコモンもいる。


ウスコモンピンク(通称:牛タン)
160210ウスコモンピンク (2)_c

これは、ウスコモンにしては、やたら肉厚で成長が遅く、
大きさに変化が見られない。

成長が遅いのは光が弱いからかもしれないが、
この個体は、あまり強すぎると色が変わってしまう。

また、ウスコモンは接着しないとダメだが、これは
接着していないから、そのせいかも?

画像ではよくわからないけど、薄グリーンのポリプも
出てきたりして見ごたえがあり、結構、気に入ってる。

コレ、もともと薄いベージュ色で、「うにどん」さんからの
頂きモノだと思ふ。

”頂いた物”を、「~と思う」というのは、大変失礼な話ではあるが・・

うちのウスコモンは、レイアウト変更時や崩壊などによって、
バラバラに割れたり、それを更に岩にくっつけたり、を繰り返して
いたので、ワケがわからなくなってしまったのだ。


ウスコモンは種類や環境によって色と形状の変化が、
おもしろいし、ミドリイシとは違ったシャープで皿状の形状が
妙に自然っぽい

大型水槽でも十分、主役になれると思うし、ミドリイシと
較べると、かなり水質にも寛容。
もちろん、水質や光などの条件は良いに越したことはない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
うーむ、

何か、最近似たよーなことを書いている気がするな・・・・




アニメブログにしようぜ_co_c

アニメブログにしようぜ2_c

(勝手に)制作協力:ダメ子の鬱様
※「うちの子ご自由にお描き下さい同盟」を適用させていただきました。


▼応援よろしくにゃ。


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです

「みにくいサンゴの子?」について考察してみた。

こんにちわ。

今週は、スケジュールに余裕ができたので、
時間があるときにチャッチャと更新することにします。

でも、相変わらずコレといったネタなど、皆無なのであった。




アイコン泣き顔みにくいサンゴの子?

アンデルセン童話に、「みにくいアヒルの子」
とゆー、お話がある。


みなさま、ご存知のように、

アヒル一家の親から生まれてきたヒナたちは、
みな、揃って黄色。

だが、その中で「灰色のやたら大きな子」が
産まれましたとさ。

他の、兄弟(姉妹?)とは、1匹だけ異質な、このヒナ。
気の毒なことにハブられてしまうのである。





それはきっとこんな感じだ。
みにくいアヒルの子_co
(黄色いヒナ/CV:久野美咲 ・ 灰色のヒナ/CV:子安武人(裏声))


だが、しかし、
いざ成長したら、この灰色ヒナが、

「実は私、美しい白鳥でした~♪」  (ゝω・*)vキャピ
めでたし、めでたし。

・・・みたいな、お話ね。



それにしても、白鳥も、こんな「カッコウ」みたいな
マネをするのかね?

どーなってんだ鳥類っ!?( `Д´)ノ

--------------
---------
----

さて、前置きが長くなったけど、

SPSって、最初からお高くてキレイなのだけではなく、
安くたって、キレイになる可能性があるよね?ヽ( ´∀`)ノ



・・・あ、ならないのもいるけど。



で、今回は、お安いサンゴ(アヒル)が、
「白鳥」・・・と、まではいかないが、
それなりに変貌したよ?…というお話。


そもそも、最初からキレイなのは、当然ながらお高い。

でも、入手時点でキレイなら、キレイなのは当たり前。
つまり、現状維持で、それこそ色が落ちたらガカーリ。

・・・でしょ? (うん、と言って!)


これじゃ、飛んでいった「諭吉」も泣こうというもの。

ん?・・・

自分で「諭吉」と、書いといてなんだけど・・・

うちには、「一葉」以上の個体(SPS)すら、
ほとんどいないのだった。 (*ノω・*)テヘ


そんなわけで・・・

最初から、お高くキレイなものではなく、
将来を見込んで、小さくてアレな個体を、お安く買い、
そして自分好みに育てる・・・・


そう、これこそ
”源氏物語”なのよっ!(ゝω・*)b



・・・って、あれ?
アンデルセン、どこいった?

--------
-----
---


元々、そのサンゴが持つ色などの「素質」は、
環境のみで変えようというには限界がある。

でも、「キレイじゃないから」といって、水槽の隅っこに
追いやってしまい、その素質を引き出さ(せ)ず、
「アヒルの子」のまま、くすぶっている個体って意外と
多いのではなかろうか・・・?


狭い水槽の中ゆえ、個体ごとの「ストライクゾーン」は、
意外と狭い。


私も以前、「ハイマツ」がどうしても上手く行かなかった
時期があった。


ハイマツ 2015.08.03(移動直後)
ハイマツ150803_c

SPSの場合、色が薄い個体(薄ベージュ)などは、
色揚がりに期待が持てるが、このハイマツときたら、
購入時は、見事なコゲ茶色。

通販で「ピンク系ハイマツ」ってのを購入したのだが(¥1,980)
まぁ、「おピンクハイマツ」が、そんなに安いわけないよね?

で、案の定、開封した瞬間、正直、「あうっΣ( ̄□ ̄;)」ってなった。


・・・経験上、こういう色は、まず色揚げは期待できないからね。
で、しばらくは、薄暗い「二等地」に置いていた。

でも、1ヶ月ほどしてから、思い切って「あくあの塔」、頂部の
照明直下。 間欠水流が当たる超一等地?へ引越した。



ハイマツ 2016.02.10(移動後、約半年経過)
ハイマツ1602

そしたら徐々に成長を始め、色も多少だけど改善した。
撮った角度が違うけど、あきらかに色は明るくなっている。

これって、もしかするといわゆる「強光障害」に近い状態なのかも
知れないが、成長しているということは問題がない・・・よね?


ただ、日中でもポリプがワラワラするタイプであるハイマツの
割には、ポリプの出が以前より明らかに悪い。

これは光に依存するようになったからか、調子がイマイチ
よくないからなのかは、よくわからない。


しかし、これまで

「何をしても、こげ茶色のサンゴだけは、色の変化を期待できない。」

と、思っていた私に「こげ茶でも、色が変化する可能性は0じゃないよ」
ってコトをを教えてもらいました。

決して「白鳥」ではないけれど・・・
私にとっては貴重で、新しい発見であることには違いない。



次は、お店のストック水槽の底の隅に転がっていた、
いわゆる「色落ち品」。

これも¥1,980で拾ってきた。



2015.10.25(購入直後)
NEWサンゴ150907_co

先ほどのハイマツと違って、色落ち個体といっても、
こういう色は、環境さえ良ければ、いかにも化けそうな
気はしたけれど。


2016.02.17(約4ヶ月後)
160218ウスエダ_c

この個体、非常に撮りづらい場所にあって、どーしても
他のサンゴを移動しないと上手く撮れない。

10枚ほど撮って一番マシなのがこれw
とりあえず「色が変わったね?」という程度に見てね。

まぁ、実際「化けた」というほどでもないのだが、
この個体は意外と短期間(1週間くらい)で、本来の(?)
ライムグリーン色に戻った。

しかし、その後、もう少し色が出るかと思ったら、それ以降
あまり変化はなく現在も、そのまま成長中。



この他にも、いくつか色が変わったものがあるけど、
長くなるから、また次の機会に。


まぁ、白鳥に化けたっていえるほどの事例でなく、
単なるアイディア倒れっぽいのは…


いかにも私らしい(*ノω・*)テヘ


まぁでも、そんなわけで、
私は新しいサンゴは、いきなり接着しない。

ストライクゾーンを見極めてからでも
遅くないと思うからねっ。

さぁ、みんなも、「オペレーション・アンデルセン」
チャレンジだぁ! ヽ( ´∀`)ノ



白鳥でした_co


●アンデルセンさん、マジすみませんです。<(_ _)>


にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


読んでくれてありがとう!応援してくれるとうれしいです
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
最新コメント
月別アーカイブ
あくあLink
ReefRing Status
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
海水館さん
indexlogo_co.jpg
悪亜(あくあ)SHOP
悪亜(あくあ)商事(生体資金調達用)
動物・魚などの里親を募集してます。
ペットのおうち
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース